ほぼ日刊レトロゲームレイダース

おすすめエンタメ情報&笑い話を発信





在宅勤務になると、ブログで書くネタが集まらない問題について。

f:id:retrogameraiders:20190504215603j:plain

賢明なる読者のみなさんは薄々感じていたかもしれないのですが、新型コロナウィルス蔓延による自宅勤務時期とこのブログの更新が怪しくなってきた時期は重なっており、外に出ないとブログのネタになることが回収できないという事態が起きているのであります。

 

?

 

 

この『ほぼ日刊レトロゲームレイダース』は、ほぼ日刊で俺が暮らしている日常に怒った怒れる事例や面白いと思ったことを発信してきました。しかし、緊急事態宣言があって、在宅ワークになって、ほとんど外出しなくなった俺は、エンターテイメントと縁遠い人間になっていることに気がついたのです。

 

結論からいうと、書くネタがない。

 

「書くネタがない」という理由でしばらくブログをお休みしていたら、今度は書くモチベーションがなくなってきてしまいました。減少ではなく、なくなってきているのです。これは、性欲とセックスレスの関係性とよく似ていると個人的思っていて、やらなくなるとやる意欲がなくなっていき、そのうち今まではどうやっていたのか分からなくなる…というやつです。

 

アホなことを書いていますが、このブログ存続の危機です。もう辞めちまおうかと思っている俺もいます。

 

もう一つ良くないのが、本業の方で毎日更新noteなんてやりはじめたことです。あっちでは、このブログとは真逆で、ずっと真面目なことしか書いていません。はっきり言ってストレスです。しかし、仕事なのでやらなければなりません。地獄です。やる気が減る(ヘル)って感じです。

 

人間って、アウトプットできる量が決まっていると思うのですが、ただでさえ、ブログを複数動かしていて(実はレトロゲームレイダー以外にもある)、仕事でも同じようなことをしていたら、そりゃ次第に萎えてくるわと思う今日この頃です。

 

ということを書いていて、

 

「あれ、こんなことをどこかで聞いたことがある」と気がつきました。ああ、そうだ。元エルフの代表取締役社長、蛭田さんの言葉です。『同級生』とか『ドラゴンナイト』みたいな青春的なシナリオは本当はやりたいことじゃなかったら、シルキーズという別ブランドを立ち上げたんだっけ。あの時の蛭田さんの苦悩が少しだけ分かったのかもしれません。

 

てなわけで、

 

体制を整えて、定期的なブログ更新を行なっていきたいと思います。反応がないと心が折れてしまうかもしれないので、勝手なお願いなのは重々しょうちしておりますが、はてなスターをつけていただけると嬉しいです。

 

よーし、ブログも書いていくぞ!!

 



?