ほぼ日刊レトロゲームレイダース

おすすめエンタメ情報&笑い話を発信





?



SNSマーケティングをやってみたら劣等感しか湧かないのでクソして寝る話。

f:id:retrogameraiders:20200523214516j:plain

新型コロナウィルスの影響により営業活動が停滞気味であり、いろんな会社が大ピンチなわけで、ご多分に漏れず、俺の会社も笑っていられる状態ではありません。そんなわけで、本業のほうでSNSマーケティングをはじめてみたのですが…。

 


 

「やるもんじゃねえなー」というのが、今現在の俺の感想です。

 

疲れる、疲れる。いや、時間をかけてやっていくものというのは分かっているんですよ。すぐに成果が出るものじゃない。それも分かっている。でもね。すぐに成果が出る奴もいるわけですよ。フォローし合ったときには同じくらいのフォロワー数だった人が一週間後にはフォロワー1000人以上の差がついていたり、ね。

 

世の中は、本当にスゴイ人間がたくさんいるわけですよ。そういう人たちは運とかタイミングとかに後押しされているというのもあると思いますけど、人並み以上に努力もしていてですね。「すごいなー」と純粋に思うわけです。と同時に、「自分は本当に大したことのない人間だなー」と落ち込むわけですよ。ズドーンとね。

 

もちろん、SNSで流れている情報のすべては真実じゃないし、事実の一部分しか見えていないものだってことも分かる。それを気にしてもしょうがない。他人と比較してもしょうがない。でも、一部分しか見えていないところも事実なわけで、それが素晴らしいことで、「ああ、自分は絶対にああはなれないな」と感じることはあるわけですよ。見たくないものばかり見せつけられているというか。

 

そんな地獄を日々味わっています。

 

とはいえ、俺みたいな制作の人間は仕事がないと不採算人材になるわけですから、何かしら営業になる活動はしないといけないわけで、心を振るって活動しましたよ。コンテンツを作って、SNSで発信して。そのせいかもあって、毎日順調に10~20人ペースでフォロワーが増えてくるペースに乗りました。

 

それでも、疲れる。SNSのどうでもいい情報の流れに身を置くのは疲れる。疲れるのだ。しんどいのだ。どう考えても精神衛生上良くない感じになってきているので、少し距離を置こうと思いました。

 

世の中にはSNSの達人といわれる人たちが何人もいて、その人たちは大体同じようなことを言っています。でも、あれは役に立たないと俺は思っているんですね。

 

もちろん、発信者が発信していた時、先駆者であった時は有効な手段だったと思うのですが、それがシェアされてコモディティ化された時点で発信者の人気を支える、もしくは発信者の頂点とするピラミッドを支える石として利用されるだけのものになってしまって、結局、ちょっとしたフォロワー増とIMP増に喜び、「〇〇さんはスゲー!」みたいなコメントをしては、発信者にリツイートされてそのおこぼれのIMP増&いいね増に喜ぶなんて、まっぴらなんですよ。

 

俺自身は大した人間じゃありません。それでも戦っていかないといけないのが人生なのですから、俺は俺で手持ちのカードを使って、そのカードで戦いやすいデッキをつくって行くべきだと思う今日この頃です。