ほぼ日刊レトロゲームレイダース

おすすめエンタメ情報&笑い話を発信





?



その昔、『ツインビーPARADISE』というラジオ番組があってですね。

f:id:retrogameraiders:20200419203340j:plain

今週のお題「ゲーム」 

中学生の頃、『出たな!!ツインビー』というアーケードゲームにがっつりハマった時期があったんですよ。

 


 

『出たな!!ツインビー』は、初代『ツインビー』以来6年ぶりにアーケードに戻ってきたツインビーシリーズ5作目で、グラフィックと攻撃方法と演出が大幅にパワーアップした新時代のツインビーでした。それよりも、まだ中学生だった俺が衝撃を受けたのは、ツインビーとウインビーのパイロット絵が公開されていたことです。

ツインビーやウインビーにパイロットが乗っていることはシリーズ2作目の『燃えろ!ツインビー』で明らかになっていたのですが、ヘルメットをかぶってキャラ的にも面白くもなんともないヤツらだったのでスルーしていたのですが。『出たな!!ツインビー』の公式イラストに出ていたツインビーくん(後にライトと命名)とウインビーちゃん(後にパステルと命名)の2人は、ゲーム中のステージ間デモにも数多く登場し、「そうか!ツインビーはそっちの方向に舵を切るのか!」と感心したものです。

 

というのも、1990年になるとツインビーというものはIPとしてどうよ?的な感じになっており、何らかのテコ入れが必要だったのですが、シリーズとしてはゲームボーイで発売された『ツインビーだ!』で一応完結しちゃっていたんですね。

 

ライトくんやパステルちゃんたちが、ドンブリ島で新しい敵たちとツインビーやウインビーに乗って戦う。それは、俺にとってワクワクしてくる展開だったのです。

 

俺は『出たな!!ツインビー』を駄菓子屋でやりまくりましたね。お金が足りないから、PCエンジンに移植された時は、買ったという友達の家でずっと遊ばせてもらいました。そういうしているうちに、ツインビーの新作がスーパーファミコンで出るというニュースを聞きつけます。それが、『Pop'nツインビー』でした。

これがなかなかの野心作で、完全に家庭用にデザインされたシューティングだったんですね。マドカ、マードック博士といった新キャラも出てきて、「おおっ、コナミはこれからこの世界観を広げていくんだな!」と、俺は確信したのでございます。

 

ここまでが前置きで、いよいよ本題に入ります。

 

そんな折、文化放送で「ツインビーのラジオドラマをやる」という話を聞きました。で、興味半分でリスナーになることにしたんです。それが、『ツインビーPARADISE』だったんですね。ラジオジラマには、これまではイラストとドット絵だけだったライトやパステルたちに声がつき、それがまた、イメージ通りだったわけで。ラジオドラマでくり広げられるお話も、これまた面白くてですね。そこには、『出たな!!ツインビー』のポスターを見たときにイメージしたツインビーワールドが、カタチとなって広がっていたんですね。

 

ラジオドラマの物語は、実は原作『ツインビー』にかなり直結したもので、初代『ツインビー』のパイロットが実は別宇宙から来た存在であり、その別宇宙の名前が「ソルティアス」であり、それってラジオ番組のOPの歌詞に入っているキーワードじゃないの?って、なかなかグッとくる展開だったんですよ。パート1までは。

 

そんなわけで、『ツインビーPARADISE』といえば、OP曲の「Twin memories」であるということで、なんかひさしぶりに思いがあふれてしまって、歌詞つきの動画を作ってしまいました。よかったら見てやってください。

 

youtu.be