ほぼ日刊レトロゲームレイダース

おすすめエンタメ情報&笑い話を発信





?



母が、ガンになりました。

f:id:retrogameraiders:20190504215603j:plain

いつかこんな日が来るんじゃないかと思っていましたが、「ついに来た」という感じですね。

?

 

母がガンだと告知されました。

実は、昨年の秋くらいからずっと「血便が出る」と言っていて、本人も「ガンかもしれない」とずっと言っていたんですね。ところがおととしに同じようなことがあって大騒ぎした挙句「切れ痔でした」ということがあって、本人的に恥ずかしいと思っていたのかもしりません。さんざん、「施設の人に相談してみたら?」と言っていたのですが、「考える」という考えてどうにかなる問題でもないのに考え続け、年が明けた2020年2月、ようやく検査をすることになりました。

検便で血液が見つかったため、先日、奥さんが付き添って病院に行き、内視鏡による直腸検査を行なったんですね。その結果、「ポリープが見つかりましたが、たぶん良性のものだろう」と母には報告されたのですが、付き添いの奥さんが呼ばれ、「ガンです」と告知されたそうです。そんな重大な時に俺は何をしていたかというと、新型コロナ・ウィルス感染の疑いをかけられ、寝室に監禁され、ずっとPSPの『ダライアスバースト』をやっていたわけで。

明日、詳細検査という名目で、もう一度、母は病院に行くことになりました。今度は付き添うことになっています。大腸ガンです。内視鏡写真を見せてもらいましたが、素人目でも分かる通り。ピンクの粘膜の一部に、白く修正液をかけられたような箇所があり、それがガンなのだとか。大腸ガンはどこまで深く進行しているかによってステージが変わるらしく、明日の検査ではCTを撮り、くわしく調べるとのこと。大腸だけならすぐ入院して切除。もし、転移が確認されたら手術はしない。そう言われています。

なんとなくですが、お別れが近づいている気がします。

実は以前、母はくも膜下出血で緊急入院したことがあって。その時は、異変に気がついた僕が奥さんの助けを借りてすぐにCTを撮って早期発見できたことで、幸い後遺症も残らず、日常生活に戻ることができました。

ハッピーエンドのような書きかたをしましたが、人生とはそうはいかないもので。その後、ご近所トラブルを起こしたり、奥さんに罵声を浴びせたり、統合失調症が悪化したり、宗教にのめり込んだり、長電話で月5万円も電話代使ったり、失踪したり、老人ホーム内で妄想彼氏との恋愛に溺れたり。大病によってタカが外れてしまったのか、生来のトラブルメーカーの才能をいかんなく発揮し、俺と奥さんの精神を削っていったのでした。

介護疲れした、ある方の言葉が印象的です。

「“助けて!”とヘルプがかかったとき、すぐに駆けつけずに間に合わなかったほうが、双方にとって幸せなこともある」。

倫理的に問題のある発言かもしれませんが、分かる部分もある、と思う俺がいます。それだけ母には、感謝の念もあるのですが、そうでない感情も多くあり、いろいろと複雑です。

とはいえ、

明日、40年以上続いてきた親子の関係に、ある決断がくだされるのは間違いないわけで。やっぱり、「来るべき時が来たんだな」と、落ち着かない俺がいます。

ガンは優しい病気という人がいます。終わりの時を教えてくれて、その時間の大切さを教えてくれると。俺自身、そこまで前向きに状況を受け止められるかどうか、よく分かりませんが、人間って誰にでも終わりがあるんですよね。そして人間の記憶って、あ余書きされるものなので、直近の印象がその人の記憶であり、評価になってしまったりするもの。偏った見方になっていることが多いので、冷静に見つめ直して、親しい人と後悔のない日々をみなさんには送って欲しいと思います。

 



?