ほぼ日刊レトロゲームレイダース

おすすめエンタメ情報&笑い話を発信





?



「理想のパートナー」を見つけられた人がやっている、ただ1つのシンプルなこと。

f:id:retrogameraiders:20190504215603j:plain

最近、異様な頻度で恋愛相談を受ける機会が多いのです。で、「クズ男しか寄ってこない」「いつもセフレで終わってしまう」という人にかぎって、「フツウの恋愛がしたい」と言っている気がするわけで。なので、お話を聞いている中で思ったことを記事にしてみます。

 

?

 

 

ビジョンが明確じゃないよね

「フツウの恋愛がしたい」と言っている割には、「フツウの恋愛とは、2人がどんな日々を暮らすもの」というビジョンを持っていない人が多い気がします。なんとなく「フツウの恋愛」としか思っていない・考えていないんですよね。たぶん。

 

自分が求めている未来に明確なビジョンを持っていない、ということは、それは相手に与えてくれることを委ねているようなもので、自分で実現しようという姿勢に欠けているのではないかと俺は思います。

 

そして、「フツウの恋愛がしたい」という人によくありがちなのが、「付き合う男はみんなクズ」だったりするのですが、これもよくあるパターンでして。男性の好みについてだけは、明確なビジョンを持っている場合が多い気がします。例えば、好きな顔立ち、好きな髪型、好きなファッション、好きな音楽…とか。人間は判断に迷ったとき、明確に答えが出ているほうを選ぶものなので、たぶん、好きな顔立ち、好きな髪型、好きなファッション、好きな音楽とかで男を選んで、その結果、「付き合う男はみんなクズ」という結果になりがちで、「フツウの恋愛」が実現するイメージが湧かない日々を過ごすのではないでしょうか。

 

もちろん、偶然、「フツウの恋愛」を叶えてくれる、好きな顔立ち、好きな髪型、好きなファッション、好きな音楽の男性が現れる可能性もないわけではありませんが、交通事故に遭うくらいの確率ではないかと思います。

 

ビジョンを持つということは、判断基準ができるということでもあると思うんですね。例えば、「フツウの恋愛」についても、会うときはどんなデートをしたいと自分は思っているか、外出多めがいいのか、インドア中心がいいのか、2人でどんなことをしたいのか、どういうものがNGなのか…。そういうビジョンを明確に持つことで、出会う相手が自分が考える「フツウの恋愛」に適しているか否かの判断がしやすくなるのではないでしょうか。

 

これって、色恋沙汰に限らず、すべてのことにおいて、明確なビジョンを持っていない人は「手に入れる気がない」のと同じであり、外部環境によって与えられた「今」について不平不満を言うのはおかしいぜ的な話でもあるのではないでしょうか。

 

少し話がズレるのですが。

 

初詣に行く時、神様にお願いするときに大切なのは、「自分はどこに住んでいる誰なのか」を名乗り、ざっくりとしたお願いではなく「明確なお願い」をすると願いが叶うと聞きます。それに通じる、目標をしっかり持つ、というお話ですね。

 



?