ほぼ日刊レトロゲームレイダース

おすすめエンタメ情報&笑い話を発信





逃げる人間の話。

f:id:retrogameraiders:20190504215603j:plain

ネット上では、「壊れる前に逃げろ=逃げてもいい」という論調がありますが、それは本当の限界寸前の人がきっていいカードであり、何度でもいつでもきれるワイルドカードと勘違いしてはいけないと思う今日この頃です。

 

 

 

 

以前のエントリーで紹介した純情くんが遁走しました。

 

これが、まあ、最低の分類に属する遁走でして。獲得しているアポイント、動いている仕事の進捗、もろもろを何も共有せずに逃げやがりました。俺は仕事を辞めることを止めたりはしません。そこにきちんとした理由があるならば、その人の人生ですし、新しい道を歩んでいただければと思います。しかし、辞め方というのは、その人自身が問われるもの。相手がクレイジー経営者でなければ、きちんと仕事人としての筋は通すべきです。立ち去る会社に禍根を残さない。立つ鳥跡を濁さず。この精神大切。「あそこは以前辞めた会社があるから近づきたくない」といった場所があるとか、ある種の負い目は作らないに越したことはありません。

 

俺は、今回遁走した純情くんには、心底、腹が立っています。「何もかもが嫌になった」というのが、退職理由なんですね。一方的に、自分の言いたいことだけを送ってきて、こちらからのメッセージは完全シャットアウト。こっちは、お前を説得する気なんて1ミリもなくて、お前と進めている仕事の進捗が聞きたいだけなんだよバカ。誤解のないように言っておきますが、ウチの会社はかなりのホワイト企業です。純情くんの「彼女が不安定だから今週はずっとそばにいてあげたいので自宅勤務します」という、「お前、営業が何言ってんだ」という要望にも応えてあげるくらい。優しすぎるでしょ。残業だって月10時間くらいだし。休日出勤、サービス残業もありません。

 

彼は、営業としては、正直、ポンコツでした。3年間の売上が50万円ですからね。まともな思考の会社ならクビになっていてもおかしくないです。実際、営業適性がないし、本人が苦しいのではないかと部門移動の打診も何度かしているのですが、本人が頑として譲らない。変なところだけ頑固なんです。

 

彼には5歳年上のお兄ちゃんがいて。この人がかなり優秀な人らしく。父親がいない家庭だったので、そのお兄さんが父親代わりだったとか。で、そのお兄さんが「お前は○○○だから○○○しろ!」と逐一指示を出してくる人らしく。で、その指示に従うと大抵間違っていない。だから、彼は幼稚園からずっとお兄さんの言う通りに、部活を選び、塾を選び、高校を選び、大学を選んできたそうです。何度かお兄さんに反抗してお兄さんの指示とは違う道を選んだこともあるそうですが、その度に失敗したと思われる出来事があって、「な、俺が言ったとおりだろ?」と言われてきたそうな。そんな彼が、「このままじゃダメだ」と思って、自分を変えるために自分の意志で選んだ会社が、ウチの会社なのでした。この彼の思いに懐の深いウチのボスは感銘し、「じゃあ、とことん付きあってやる!」と、彼の成績がアレでも面倒を見続けていたのでした。

 

ムリはしていたと思います。人間変わろうとするなら、多少の成長痛を伴うプロセスを経る必要がありますからね。純情くんは人の心が分からない人で。契約を取るために同僚の女の子に、「取引先の人とディナーに行ってほしい。そこから先は本人同士で決めて」と平気で言ってくる、なかなかのサイコパス。まあ、自分本位、自分勝手なんですね。ムリはしていたと思うのですが、周囲はかなり時間を割いて彼をフォローしていました。すべては彼自身が「変わりたい」と言っていたからです。

 

そんな彼が言いました。

 

「何もかも嫌になった」「自殺すれば楽になると思っている」「これからどうするかは決めていない」「メンヘラの彼女と別れるかどうかは分からない」「部屋を引き払うかどうかも決めていない」「実家に帰るかどうかも考えていない」「仕事は辞めると決めている」

 

おおーい。最優先で仕事は辞めるんかーい。

 

で、自分の言いたいことだけを言って、あとは一切耳を塞いでいる。「今は何も話したくありません」「話すことが苦痛なんです」「ほっといてください」という感じ。俺、こういうやつ、本当にキライなんだよね。自分勝手すぎて。まあ、いろいろ言いたいことはあるんだけど、人間、何もかも放り出して逃げたくなることはある。それくらい追いつめられていたという解釈もできる。俺はそういう筋が通らないことはしないけど。まあ、人間、壊れないことが一番大事だからね。とりあえず、まだ繋がっているメールに説教臭くならない程度に、「やるべきことはしっかりやるのが、大人だと思うよ」と書いて送りました。

 

そう納得しようと思っていたら、昨日のことですよ。

 

新大久保のほうから歌舞伎町に向かって歩いていたら、ラブホテルから純情くんが出てくるじゃないですか。しかも、手を繋いで一緒に出てきたのは、同棲しているメンヘラ彼女とは別の女の子。あの野郎。また、出会い系アプリ使いやがったな。じーっと見ていると、向こうも俺のことが気がついて、そのまま女の子を置いて歌舞伎町のほうに猛ダッシュで逃げていきました。お前は、逃亡者か。

 

「やるべきことはしっかりやるのが、大人」とは言ったけど、そういう意味じゃなかったんだけどね。