ほぼ日刊レトロゲームレイダース

おすすめエンタメ情報&笑い話を発信





?



新しく入った部下のことをSNSで笑いものにするバカがいたんですよって話。

f:id:retrogameraiders:20190511141917j:plain

フェイクを入れていますが、ほとんど実話です。

 

 

 

 

俺の知り合いに、某Webメディアの編集部に勤める男がいるのですが。彼はこれまでのライティング経験が買われて、リーダーみたいな仕事をやっています。で、彼の下にはライティング経験の浅いメンバーが5人ついており、彼はその育成も担っているようです。なぜ、そんなに内部事情にくわしいかというと、彼がSNSで自社の内部事情をペラペラとばらしているからでした。

 

そんな彼は、「仕事がやりがいマン」であり、人一倍、馬力があります。彼からすると、部下である人たちは「仕事に情熱のないしょうがない人種」らしく、彼はその愚痴を「育成日記」とタイトルをつけて、ほぼ毎日更新で、SNSに発信しつづけていたのでした。

 

その内容が結構ひどくて。

 

「Aさんは、おおざっぱな性格。仕事の手は早いが、正確性をあまり気にしない。この間は、〇〇〇について×××という誤字を起こしていた」といった感じで報告書のような精密さで綴られている。これが、Bさん、Cさん、Dさん、Eさんとつづく。更新時間は、毎回午前2時近く。彼は深夜にまで部下の失態をSNSにさらすためにキーボードを打ち続けているのです。

 

彼は部下に対する不満がいろいろあるようで。その1つに、「自分勝手な人たちしかいない」というのがありました。なんでも、自分に相談せず、勝手に進めることが多い。「ホウレンソウは社会人の常識なのに、そんなこともできない人たちの面倒をみないといけない俺の苦労を誰か分かってくれ!」と、彼はSNSの中心で叫んでいた。いいね!は4つだけ付いていた。

 

彼の部下の生産性は他の部門に比べると著しく低いらしい。「俺のところには、変な人しか割り振られない」と、彼はずっと不満を漏らしている。先日、上司と下期の制作体制についてのミーティングがあったという。彼は既存メンバーの生産性が低いことを理由に挙げ、メンバーの増員を願い出たという。彼の上司は、「何が原因なのか?」と聞いてきたという。「だから、メンバーの生産性が低いので、増員しないことには目標の生産数を満たすのは難しいです」と答えたそう。それに対する上司の返答は、「それは、何が原因なのか?」。彼は、「コントかよ(笑)」と上司のことを小バカにする投稿をし、彼の友人の何人かが「ひどい会社だね!」「上司、バカなの?」といったレスをつけていました。

 

賢明なる読者の方々は見当がついていると思うのですが。彼の上司が「何が原因なのか?」と聞いているのは、彼自身に「お前に落ち度はないのか?」ということを聞いているのです。

 

なぜ、彼のチームだけ生産性が低いのか。彼は「割り振られている人材が悪い」と断言をしていますが、これは成果を上げられないリーダーの口癖であり、よくある思考パターンです。メンバーが成果を上げられないのは、リーダーの仕事の割り振り方、育成の仕方に問題があるのです。ところが、彼にはその発想がありません。彼は自分は優秀だと思い込んでいるからです。育成もマネジメントも、きちんとできていると。しかし彼は、自分の同じタイプの人間を求めているだけであり、それ以外の人間に対してマネジメントができていないだけなんですね。上司はそれを見抜いた上で、同じ質問をくり返しているわけですが、彼にとってはその上司も小バカに見えているのですが、本当のバカはどっちなんでしょうね。

 

そもそも、部下が相談に来ない上司って危機感を持つべきで。「部下が相談というタスクを忘れている」なんてことはほとんどなくて、「上司に相談しても意味がない、時間がもったいない」と思われている場合がほとんど。部下から上司として見限られているんですよね。

 

リーダーというのは、メンバーの誰よりも味方であるべきだと俺は思います。そのメンバーをSNSで笑いものにしようとしていること自体が、マネジメントラインに立つべき人間の器じゃない証ではないでしょうか。彼の投稿は、「自分は大変なんだ、分かってくれよ」という心が自分に向いた行動なのですが、本来リーダーとは心をメンバーに向けるべきです。それも分かっていない彼は、マネジメントとはどういうことなのかを、理解していないのかもしれません。

 

そんな彼のメンバーへの愚痴投稿が、先日、ピタリと止まりました。それどころか、そのSNSのアカウントまで消えたようです。何かあったのでしょうか。詳細はまだ分からないのですが、みんなが幸せになる方向に事態が動けばいいなぁと思います。