ほぼ日刊レトロゲームレイダース

おすすめエンタメ情報&笑い話を発信





?



【本のレビュー】『販促・PR・プロモーション ネット戦略のやさしい教科書。 小さな予算で最大限に知名度と成果を上げる6つの宣伝術』――始めようと思っている人がこれ一冊で大体OKになるまとめ本。

f:id:retrogameraiders:20190523171315j:plain

「お前、新しい会社で何やっているの?」とよく聞かれるのですが、ベンチャーなので複数の職種をかけ持ちしている感じです。ドラクエで例えると、僧侶Lv25+魔法使いLv16+盗賊Lv20+戦士Lv17みたいな感じ。なので、名刺にも職種書いていないんですよ。平たく言うと、「外向けコミュニケーションデザイン考えるマン」といったところでしょうか。当然、販促・PR・プロモーションのネット戦略を考えていかないといけないわけで。そんなときにいただいたのが、エムディエヌコーポレーションから献本いただいたこちらの本。今回はそのレビューです。

 

 

 

レビューする俺という人間について

広告業界に15年近く在籍しており、ターゲット設定やターゲットにささるコミュニケーションとしてのクリエイティブを行なってきて、成果を出してきました。しかし、一部のジャンルに偏っており、販促・PR・プロモーションのネット戦略といっても、なんとなく何をすればいいか分かるくらい。本格的にそっち方面を任されていくことになり、モヤモヤしている知識をきちんと明確にしないといけない、きちんと勉強しないといけないフェイズに来ている――そんな40代の男の子です。

 

分かりやすく、自分の能力と知識量をハッシュタグで表現すると…

 

#誰を狙うべきかは考えられる
#狙うべき人向けのテキストは書けるし画像も考えられる
#Webプロモーションを語れるかというと怪しい
#ランディングページ作ったことがない
#リスティング広告扱ったことがない
#SNSの活用が得意ではない
#インスタはやっていない
#ブログやアフィリエイトは得意
#オウンドメディアは興味があるがやったことがない
#Googleマイビジネスは知っているが語れない
#下半身に自信はあるが、ITリテラシーには自信がない

 

こんな感じです。どうしようもないですね。

 

今、何を求めているのか

会社から「販促・PR・プロモーションなどのネット戦略全般を任せるからな!」みたいなことを言われており、「販促・PR・プロモーションなどのネット戦略全般」についてちゃんと勉強しないといけません。

 

ぶっちゃけ、ネットで調べれば、ある程度の情報を得ることはできます。でも、素人さんが作ったブログだと、説明が日本語として分かりにくいし、いろいろ専門用語も出てくるので分かりにくいと感じています。

 

さらにいえば、ランディングページ、リスティング広告、オウンドメディアなど、すべて同じブログやサイトにまとめられているとは限らないので、いろんなページにブックマークをつけるのは「ああー、息をするのも面倒くせぇ」と思っていました。

 

このような事情があり、なかなか最初の一歩が踏み出せなかったんですよね。orz

 

この本を読んで、どうなったか

「販促・PR・プロモーションなどのネット戦略全般」について、モヤモヤとしていた「どういうものか」「何をすればいいのか」が、ハッキリ&クッキリと、明瞭になりました。

 

メガネ屋さんの店頭にある超音波洗浄機で汚れと脂が落ちたメガネで景色を見ているような、それくらいの明瞭さです。

 

この本のメリットは、「Webプロモーションとは?といった初歩的な知識から、ランディングページの役割や作り方や効果測定の仕方、リスティング広告の長所や作り方、SNSインフルエンサーマーケティングの基礎知識や各SNSの特徴や有効な使い方といった情報が網羅的にまとまっている」という点にあるのでしょう。

 

そのため、前述した俺のような要望に対して、充分に期待に応えてくれる内容だったといえます。自分が会社から任されているミッションにおいて、どうやっていけばいいか、語ることができるようになりました。行動はこれからですけどね(笑)。

 

しかし、欠点もある

それは、ランディングページ、リスティング広告SNSインフルエンサーマーケティングといった各分野の入口に案内する…といった役割の本であるため、本格的にSNSインフルエンサーマーケティングをやっていく上での、いわば中級編のオーダーに応えられる内容があるかというと怪しいということです。

 

しかしこれは、マイナス点ではありません。この本が初心者向けの入門書だということ。むしろ、中級編の本に書かれている内容をきちんと理解するための基礎知識を身につけられる本ということです。RPGにおける『ドラゴンクエストI』といったところでしょうか。

 

どんな人が買うべきか

「販促・PR・プロモーションなどのネット戦略全般の知識を身につけたいと考えているモヤモヤした人たち」が買うべきだと思うのですが、価格が税込2376円とちょっとお高めです。

 

フリーランスの方で自身のプロモーションのために使う方は個人で買うべきでしょうが、会社勤めの方は「会社に買ってもらう」という選択もアリではないでしょうか。1冊で網羅している範囲が広いですからね。

 

こんな風に感じた本でございました。
この記事が、あなたが抱えている課題の解決や購入時の参考に少しでもお役に立てば幸いです。