ほぼ日刊レトロゲームレイダース

おすすめエンタメ情報&笑い話を発信





?



会社をやめた、その後の話。

f:id:retrogameraiders:20190511141917j:plain

てなわけで、40代で転職した会社は入社2ヵ月で社内クーデターが勃発。革新的な社長派は保守的である会長派の攻勢によって駆逐され、社長派に属している俺も会社をやめることになったのでした(本当はもっといろいろこみあった事情があるのですが、ここでは省略)。では、そんな俺は今、どこで何をしているかというと…。

 

 

 

コワーキングスペースでリモートワークしていた!

f:id:retrogameraiders:20190523120003j:plain
『BASE POINT』(http://b-pt.jp/cafe/

 

はい、リモートワークしています。
「一度は経験してみたい!」と思っていたノマドワーカーになりました。人生って本当に何が起こるかわかりませんね。といっても、無職というわけではなく。新しく入った社長派の会社がとても先進的で、自由度の高い働き方を許可してくれているのです。

 

そういえば、転職活動中に、悩んでいたもう1つの会社もリモートワーク超推進企業でした。最近、さらなる資金調達に成功していましたね。リモートワークによる地域格差をなくそうとしている理念はとても立派だったのですが、「また連絡する」と言ったままフェードアウト。「選考の件はどうなりました?」と聞いても無視。その姿勢から「働く人たちに向けたサービスを展開しているくせに、働こうとしている人への対応が杜撰な会社は中身もたかが知れている」と思ったものです。ええ、こちらからお断りしてやりましたよ。唯一の心残りはリモートワークだったのですが、ここにきて叶えることができました。人生って、何がどうなるか分かりませんね。

 

ノマドワークしてみての感想

オフィス勤務と異なる最大の特徴は、同僚女性の視線を気にすることなく、エロサイトやエロ動画を見れることでしょうか。…ウソです。さすがの俺でも勤務中にそんなことはしません。サンプル動画を見るくらいです。

 

「いい気分転換になる」という月並みの感想が前提としてあるのですが、「時間を気にして仕事ができる」というメリットを感じました。俺の場合は、3時間とか、5時間パックで申し込むのですが、時間に対してお金がかかっていますから、「ちゃんと仕事をしないと!」という気持ちになるんですよね。いい意味で緊張感があります。

 

そんなわけで、この記事もコワーキングスペースで書いてみました。ちょっと、いつもと調子がおかしいのは、まだ新しいワークスタイルに慣れていないからなのですが、これからもよろしくお願いいたします。