ほぼ日刊レトロゲームレイダース

おすすめエンタメ情報&笑い話を発信





【イベントレポート】DMM.comのオンラインサロンの祭典、『SALON PROJECT AWARD 2018』に参加してきたよって話。

f:id:retrogameraiders:20190314154623j:plain

DMM.comが運営しているオンラインサロンサービス。その中で優れた活動を行なっているサロンが表彰される『サロンプロジェクトアワード2018』というイベントに、サロンメンバーの1人として参加してきました。その時のイベントの様子をお伝えしたいと思います。

 

 

 

オンラインサロンって?

「ブロガー」「オンラインサロン」と聞くと「げっ!」というイメージがあるのは事実の1つではありますが、信者集め×金稼ぎだけがオンラインサロンではありません。会社員、学生、フリーランスといった方々が、自分のスキル・経験を活かす場所、新しいことを学ぶ場所、新しいことを経験する場所こそが、オンラインサロンの良さだと思います。

 

そんな俺ですが、『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』『複業のトリセツ』の著者であり、ブロガー、複業アドバイザーなど7つの肩書きを持つ染谷昌利さんが運営するオンラインサロンに参加しています。

 

lounge.dmm.com

 

f:id:retrogameraiders:20190314161736g:plain

染谷昌利氏(俺がドット打ちしたもの)

 

1ヵ月の会員費は、新作ゲームが1本プレステ1の中古ゲームだったら10本くらい買えてしまうほどの金額なのですが、新作ゲーム1本、プレステ1の中古ゲーム10本を買って遊ぶよりも、将来を見据えたスキルアップ&経験を得る&人脈をつくるという点でメリットがあると考えており、参加しています。

 

こちらのブログでたまに発生する【本の感想】や【旅行のレポート】や【イベントレポート】は、このサロン経由でいただいているものだったりします。

 

ちなみに、この間の高知の魅力発見レポートは、高知県観光促進課からの依頼で、交通費&宿泊費&食事代がすべて無料(ただしレポートを書くことが必須)というものでした。すべてのオンラインサロンがそういうものではないと思いますが、染谷さんのサロンは、「利用してやろう!」と前かがみになれば充分元が取れる(本人談)、かなり良心的なサロンだと思います。「情報発信力を高めたい!」という方にはオススメなんですよ。

 

そんな染谷さんのサロン『ギガ盛ブログ飯~情報発信力を身につけて激動の時代を生き抜こう~』は、出版プロジェクトを立ち上げて、サロンメンバーで協力して、本を出版するところまでこぎつけました。そんな活動内容が認められて、今回のアワードの最終選考まで残ったのです。

 

どんなイベントだったの?

最終選考に残った8つのサロンメンバーが見守る中、サロンの代表が壇上に上がり、1サロン8分の持ち時間で活動内容と成果のプレゼンテーションを行なうというもの。賞金総額100万円。8つのサロンのうち3つがデカい賞金をもらえるという仕組みで、下手すれば高い焼き肉が無料で食べられそうです。

 

lounge.dmm.com

 

で、結論からいうと、

 

『ギガ盛ブログ飯~情報発信力を身につけて激動の時代を生き抜こう~』は惜しくも入賞止まり!むむっ、残念!

 

ただ、得たものは多かった!

オンラインサロンって、意識高い人たちが参加しているものって感じがあるじゃないですか。まあ、それはそれで間違っていないのですが(笑)。前述したようなメリットがあると思っています。

 

今の日本の労働システムだと、所属している会社の仕事しかできません。業界や分野が限られてしまいます。まあ、当たり前のことなんですけど、これっておかしいと思いませんか?

 

転職しようとしたとき、同じ業界・分野の仕事では有利になるけど、それ以外の業界・分野に入った場合、イチからのスタートになります。しかしですよ。よほど特殊な知識・スキルでなければ応用はきくはずなんです。持っているスキル・経験を活かして「こんなことをやった!」と言える経験・成果があることは、転職時のアピールポイントになります。しかし働きながら、仕事以外の経験は得られにくいもの。しかし、オンラインサロンは自分の新しい可能性を広げてくれると感じました。

 

受賞したサロンの方たちは、そのオンラインサロンがなければ出会わなかった人たちで、いろんな才能がかけ算になって、1人じゃできない、このメンバーじゃないとできないことをなし遂げていました。これって、とても面白いことだと思います。自分の可能性を広げていく方法は、転職だけじゃありません。オンラインサロンを使うという手もあるわけです。

 

そういう意味で、普段ブラックボックスになっている他のサロンの活動内容を知ることができて、俺は学ぶことが多かった気がしています。