ほぼ日刊レトロゲームレイダース

おすすめエンタメ情報&笑い話を発信





?



【わくわく退職後ライフ】40代の転職は、日々、精神(こころ)が削られていく地獄って話。

f:id:retrogameraiders:20190217160445j:plain

泣きそうです。
40代の転職は厳しい。何が厳しいって、不採用通知の嵐である。「音沙汰がない」TOKIOである。「自分は世の中から必要とされていない」と思い込んでも仕方がないくらい、俺という存在を拒否される――そんな残酷な世界を生きている今日この頃です。

 

 

 

 

家族の協力って、ほんとうに大事

このブログの「わくわく退職後ライフ」シリーズエントリーを読んでいた方なら周知のことだと思いますが、俺は40代で退職した状況でも焦っておらず、マイペースを守っていました。なぜなら、自分のペースを乱した時、多くのことを失敗させてきた人生の経験から、最大限のパフォーマンスを発揮するために、努めてマイペースを守ってきたのです。

 

が、

 

奥さんのほうはそうはいかなかったようで、日々、小言がうるさくなってきます。ああ、本当にうるさい。毎日、転職活動の報告をしなければなりません。報告しないとご飯にありつけません。これが細かい。すごーく細かい。そして、反省点と明日の計画までがセット。アンハッピーセット。サラリーマン時代よりも圧が強いマネジメントを振るえるマイワイフが、今の会社で1パート社員というポジションに収まっているのは何か間違っている気がします。そしてたび重なるプレッシャーに、ぶっちゃけ俺は、「イラッ」としているのです。

 

しかし、奥さんを責める気はありません。家計を任されている身。先行きが見えないことは彼女にとって大きなストレスなのでしょう。そのストレスの原因である俺が、家でのんきにしていたら、アタマに来るのも当然です。彼女は正しい。たしかにジャスティスなのですが、そんな家族からのプレッシャーは精神(こころ)をすり減らします。家が居心地のいい場所ではなくなってきますからね。マジで。マイホームって、本来、RPGでいうところの「宿屋」のはずなのですが、今のわが家は「毒の沼地」ですから。

 

話は少し変わりますが。

 

ハローワークの駐車場には、家に帰らないでクルマの中で雑誌を読んだり、スマホを見ているおっさんが大勢いるのをご存知でしょうか。あれは、家に居場所がない求職者たちが時間をつぶしている光景なのです。若いころはピンときませんでしたが、今なら気持ちが分かる。すごく分かる。お前は俺だ。俺がお前なんだ。

企業からは「書類選考通過できず通知」を突きつけられ。奥さんからは「早く仕事決めてくれないと困る攻撃」を放たれる。誰も悪くない。みんな職務を全うしているだけ。悪いと言えば、仕事が決まらない俺なわけです。どうですか、こういう生活。『餓狼伝説2』で例えると、画面の端で不知火舞の超必殺忍蜂がガシガシ削られている感じですよ、俺の精神(こころ)が。

 

そういえば。

 

先日、ビズリーチ経由でキャリアカウンセラーから「職務経歴書を送れ」と言われて、パパパパ…と書いたものをプリントアウトしたんですよ。そしたら、印字されたのは、姉妹サイト『コマンド屋』にアップ予定の格闘ゲームのコマンド表だったんです。ズラーっと、「→↓↘+P」とか「→↘↓↙←+K」とか、そんなのがズラーと書いてあんの。まあ、印刷設定を間違えただけなのですが、戦慄しましたね。その光景、映画『シャイニング』の小説家ジャックが序盤からずっとタイプライターで打っている文章が「仕事ばかりで遊ばないジャックは今に気が狂う」だったことが発覚するシーンそっくりだったものですから。怖いですね。俺、怖いです。でも、『シャイニング』は原作と別物と考えれば文句なしの名作なので、まだ観ていないという方はぜひ一度ご覧ください。

そんなわけで、落ち込んだりもするけれど、俺は元気です。