ほぼ日刊レトロゲームレイダース

おすすめエンタメ情報&笑い話を発信





【ワクワク退職後ライフ】ずっと家にいると、1日が瞬く間にすぎていく問題の話。

f:id:retrogameraiders:20181205010150g:plain

こんにちは、レトロゲームレイダー/ジョーンズです。
まじめに転職活動しています。が、「連絡する」と言いながら全然連絡してこない企業などが非常に多く、「俺は本当に世の中から必要とされていないんだなぁ…」と思うことが多くなっている日々ですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

 

光陰矢の如し

わくわくしない退職後ライフを送っていて得た発見は、「家にいると時間が流れるのがスゲェ速い」ということでした。

 

すごく速い。気がつくと1日が終わっています。うっそーん。いいえ本当です。会社で働いていたときと、有休1日の価値が全然変わってしまったというか。休日の無駄遣いです。当たりもしない1つ4円のパチンコ玉がジャラジャラと穴に入っていくのを見ているような、そんな休みの使いかたになってしまっています。

 

なぜ、こんなことになるのか。1日のタスクが少ないからです。タスクがあれば、脳が活性化して、時間を有意義に使おうとするはず。しかし、特にタスクがないので、ペロペローンと無駄遣いしてしまっているんですよね。これはアカン。よくない兆候です。自由だからこそ、自分の意志でタスクを作り、スケジュール管理していかなければなりません。

 

とはいえ、メンタル不調が退職原因の1つである俺は、この期間に「休養」することも大切なわけで。タスク作ってガチガチになったら休養にならないんじゃないか。そんな気もするわけです。「じゃあ、どうすりゃいいねん」という話であり、結論出しを保留している今日この頃です。ただ、ですね。1日3時間くらいしか寝れなかった俺ですが、最近では1日7時間眠れるようになりました。熟睡です。ご飯も美味しいです。いい感じで、回復に向かっているのでしょう。これはいい話。

 

知り合いに長い間フリーのライターをやってきた人がいるのですが、この人がフリーランスでのんびりした生活を送りすぎてきたせいか、ひさびさに会ったら「おじいちゃん」になっていたんですよ。40代ですよ。飯食ったら昼寝しちゃうし、日向ぼっこしたいとか言い出すし。あれはちょっと恐怖でしたね。

 

そんなわけで、そこそこ気を引き締めつつ、のんびりできる時間を大切にしたいと思う今日この頃です。