ほぼ日刊レトロゲームレイダース

おすすめエンタメ情報&笑い話を発信





?



【わくわく転職後ライフ】「求人サイトからの応募」よりも「自社採用ページからの応募」のほうが内定をもらえるウラ技の話。

f:id:retrogameraiders:20181205010150g:plain

こんにちは、レトロゲームレイダー/ジョーンズだす。

絶賛、転職活動中の俺です。ところでみなさんは、「転職活動において応募経路によって内定もらえる確率が異なる」という仕組みが存在することをご存知でしょうか。今回はそのあたりの大人の事情についてお話したいと思います。

 

 

 

 

自社採用ページからの応募は内定を貰える!

これは事実です。
ただし、新卒採用の場合は当てはまりません。中途入社の場合に限ります。転職サイトに掲載されている募集と同じ募集をその企業の採用ページで見かけた場合、企業の採用ページ経由で応募したほうが内定を貰える確率が高いです。

 

なぜ、自社採用ページ経由だと内定を貰えるのか?

それは採用予算をおさえられるからです。もっと分かりやすく言うと、「1人採用するのに自社採用ページのほうが安く済む」からなんですね。

 

どういうことなのか。
ここには、転職サイトに関わるお金の仕組みが関係しています。

 

現在、転職サイトへのお金の払いかたは多様化しており、「広告掲載にお金を払う」だけではなくなってきています。「広告掲載費を安くするかわりに、1名の応募につき●万円、1名の入社につき●万円」といった成功報酬型の料金プランもあるのです。これを使っている企業はたくさんあります。

 

さらにいえば、一見するとフツウの求人広告なのですが、実はエージェントを介した人材紹介サービスの人集めを目的とした広告もあります(パッと見ただけでは見分けがつきにくい)。これ経由で入社すると、企業はエージェント(人材紹介サービス側)に内定を出した人の初年度年収の20~30%くらいの報酬額を支払う契約になっているのです。結構高くつきます。

 

ところが、自社採用ページ経由の場合は、これらにかかる費用がゼロ。それゆえに、企業側の採用担当はお金がかからない自社採用ページからの応募者を優遇しちゃうわけなのです。

 

人事部には採用予算というものがあります。だから本音をいえば、入社者1人あたりにかける採用費は安いに越したことがないわけです人事部って、お金を生まない部署じゃないですか。だから、効率よくお金を使うことが評価されるんです。安く採用できたことが評価されるケースが多いのです。

 

他にも理由があります。今、企業は求人広告にかける費用の見直しをしていて、自社採用ページのコンテンツ制作を強化しているんですね。

 

というのも、転職サイトを使うユーザーって減ってきていて、転職サイトの費用対効果が悪くなってきているんです。かつ、indeedのような仕事探しに特化した検索サービスが出てきたので、「転職サイトって高くね?集客できれば自社採用ページで充分じゃね?」という動きになっている。まだ過渡期なのですが、ここ数年以内に自社採用ページでの採用スタンダードになる確率が高い。で、自社採用ページからの入社数目標を上から下ろされていたりするので、やっぱり自社採用ページからの応募者は大切にされる傾向にあるのです。

 

もちろん、求職者自身が採用要件を満たしていることが大前提の話ですけどね。

 

ただし、注意点もある

「転職サイトでいい求人を見つけたら、その企業の採用ページに行ってそちらから応募すればいい」わけですが、注意点もあります。

 

【注意点1】職種名が違うことも多い
転職サイトと自社採用ページとでは、同じ職種でも違う職種名で募集していることがあります。「保険の営業」と「ライフプランアドバイザー」の2つが同じ職種ということも珍しくありません。これは、法律違反でもなんでもなく、「ユーザーに分かりやすく」とか「社内でこう呼ばれている」という理由で、表記される職種名が変えられたりしているのです。

 

【注意点2】よく見ると違う募集のことも多い

転職サイトに掲載されているのは、全国転勤のないエリア限定勤務職。自社採用ページに掲載されているのは、全国転勤のある職種。このように分けて掲載しているケースも散見されます。加えていうなら、企業の採用ページの求人は情報量が圧倒的に少ないです。人事は求人広告制作のプロではないので、分かりやすい情報提供ができるとは限らない。ゆえに、同じ求人なのか違う求人なのか分かりにくい。そういうことは結構あるので注意が必要です。

 

現在、転職活動をしている。もしくはこれから転職を考えている。そのような方は、こちらの情報を参考にしてみてください。リク○ートとかマイ○ビ方面の人と、いくつかの企業の採用担当者数名から聞いたので、確度の高い情報だと思います。