ほぼ日刊レトロゲームレイダース

おすすめエンタメ情報&笑い話を発信





?



俺がゲームブログを運営しているのにゲームレビューの更新頻度が著しく落ちている理由。

f:id:retrogameraiders:20180812100042g:plain

こんにちは、レトロゲームレイダース/ジョーンズです。

今回の記事の内容は表題の通りなのですが、結論からいうと、心療内科に通っているこの軽度のメンタル不調のせいに他なりません。前にも似たような記事を書いた気がするけど、今回はちょっと違った角度から書いたつもりですが、結局同じようなことしか書いていないかもしれません。ぎゃふん。

 

 

アタマが悪くなっているでござる

とにもかくにも、通常時よりも頭の回転が悪くなっていること、これが一番の問題です。これは現実問題として仕事に支障を来たしています。一応、広告クリエイティブ系の末席にいる立場ですが、頭を使う仕事がほとんどです。で、こんな調子ですから、生産力は通常時の半分くらいになっています。とはいえ、通常時に達成率180%のハイ達成をしていたこともあり、現在も100%達成はしているので、会社から文句を言われる筋合いはないのですが、自尊心は結構大きく傷ついている感じです。できていたことができなくなるって、辛いですよね。

 

感度が鈍くなっているでござる

エロい話ではなく(笑)。目や耳から入ってきた情報に対しての感度が著しく落ちています。これは、面白いことを面白いと思えない、すごいことをすごいと思えない、そんな感じです。これもキツイ(涙)。なんか頭の中にずっと靄がかかっており、心に繋がっていない感じがするというか。画像の乱れすぎているアダルトビデオを観ても、いまいち気分が乗らない感覚に似ているかも。いや、俺の脳内では鳥山明先生の絵で想像できていたのにダッチワイフみたいなムービーが入ったせいでガッカリしたプレイステーション版『ドラゴンクエストVII』の初プレイ時の感覚に近いかもしれません。

 

インプットとアウトプットが不調

結論、そういうわけです。入ってくる情報の明度が悪く、そして発信するためのCPUの動きが悪いわけですから、ゲームレビューを書いていても、「あれ、なんか俺が言いたいことと違う」みたいなことが起きてしまうわけです。こちらのブログみたいに日々起きたことや考えたことを書くだけなら、ぶっちゃけ、あんまりアタマを使わないので平気なのですが、同じ方法でゲームレビューを書くと、俺が嫌いなゲームレビューになっちゃうんですよね。もちろん、ずっと不調なわけではなく、「今日はなんだか調子がいいのよ」というタイミングはあるのですが、仕事の忙しさと被ってしまって、貴重なアウトプットパワーを仕事に使わざるを得ないなんてことばっかりですわ。

 

どうすれば治るのか問題

薬は飲んでいないんですよ。これは産業医の先生と話し合って決めた方針なのですが。というのも、以前、少し心療内科にかかっていたときに、ドグマチールを服用していたのですが、これの副作用が結構きつかったんですよね。頭の回転は鈍くなるわ。性欲はなくなるわ。今回は早期発見&早期労務への働きかけで仕事量を減らしてもらえたこともあり、しっかり休養できれば回復に向かうということで、クスリ無しで経過を見ているというところなのです。が、それでも瞬間的に忙しくなるため、上記のような状況になってしまうわけで。ちくしょう、1ヵ月くらい休職させろ。

 

そんなわけで

退職意向を伝えて、本来ならば今頃は退職して完全休養に入っているはずだったのですが、引き延ばし的なことになって、あと2週間働いて、来年1月末に退職ということになりそうです。有給休暇が結構貯まっているんですよ。とはいえ、10年以上働いてきた会社ですからいろいろな思い出もあるわけで。少しセンチな気分になっていたのですが、いろいろな思い出が甦ってくるたびに、いろいろ腹がたってきて。組織の一員だったときは無意識にいい解釈をしていたのかもしれませんが、冷静になると結構怒ったほうがいいんじゃないかってことが出てきたんですね。頭にかかっていた靄が一気に晴れましたよ。怒りは生きるエネルギーかもしれません。とはいえ、変な行動をするつもりはなく、パワーは未来のために使おうと思います。ンゴ。