ほぼ日刊レトロゲームレイダース

おすすめエンタメ情報&笑い話を発信





【本のレビュー】『ブログで簡単!アフィリエイトで稼ぐ力をつけるための教科書』は、自分の記事がなぜお金にならないのか?と悩んでいる人によく効く本でしたって話。

f:id:retrogameraiders:20180928222958j:plain

こんにちわ、レトロゲームレイダース/ジョーンズです。今回はソシムさまから献本いただきました、『ブログで簡単!アフィリエイトで稼ぐ力をつけるための教科書』の書評について書かせていただきます。買ったゲームの費用をブログ記事で賄いたいと考えている方はいいヒントが載っているので要チェックです。

 

 

 

ひと味違うブログの教科書!

さて。私はレトロゲーム界隈ではそこそこ名の知れたブログを運営していながら、本当に趣味範囲でブログを運営していたので、ブログで稼ぐってあまり本腰ではなく、ゲームソフト代くらいしか稼げていない立場の人間です。が、この本を読んで分かったことは、自分には他にない強みがあること。そして、それを活かした記事作成にはなっていなかったなぁということでした。

 

この本は、タイトルの通り「教科書」ですので、「これからブログをはじよう」という人向けではあるのですが、あえて私は、「いままでもブログをやってきたけど、自分ではお金を稼ぐブログは運営できないと諦めている方」にこそオススメしたいです。なぜなら、「あなたのこれまでのブログ運営は、パワーをかけるところと、発信する方向を間違えていただけかもしれない」という気づきを得て、「もう一度ブログをがんばってみよう!」と思うキッカケになりうる本だと、私は思ったからです。

 

まず、この本を読む前に心得ておかなければならないことは、ブログって自由に自分の思ったことを書けるメディアではあるものの、自由に自分の思ったことを書いただけでは読者はつかないということ。検索されて読まれるメディアにしていくには、読者のことを意識した記事を書く必要があります。しかしそれは、文章力や構成力がなければできない芸当ではありません。

 

例えば、あなたが鑑賞して人に勧めたいと思う映画があったとします。知り合い2人に興味を持ってもらえるように紹介しようとしたとき、2人に同じような伝えかたをするでしょうか。それぞれの興味が湧きそうな角度や話題から伝えようとしませんか。読まれるブログに必要なのはそういうこと。自分が伝えたいという気持ちと、読者が知りたがっていること。この2つが交差するポイントの記事を書くことで、検索されて読まれることになります。

 

特長は、ブログブランディングの考えかたと方法

とはいえ、言うのは簡単ですが、実現するのは難しいもの。そこで役に立つのが、『ブログで簡単!アフィリエイトで稼ぐ力をつけるための教科書』。この本の大きな特徴は、「どうやって自分の強みをブログに活かしていくか?」という、他のブログスターター本ではモヤモヤとなんとなく濁されているセルフブランディングの考えかたと方法について、きちんと書かれている点です。

 

自分の何が強さで、どういう伝え方をすれば、多くの読者を作っていけるのか。その方法は、ブレインダンプ、マインドマップといったワークになります。ちなみに私もやってみましたが、ぶっちゃけ、やる必要性はないかな~と思っていたのですが、意外にも新しい気づきがありました。自分のブログにない欠点の発見ですね。

 

もちろん、ブログではすぐに結果が出にくいことも、継続していくことが大事なこともこの本には明記されており、甘いことだけでなく、リアリティあるアドバイスになっている点は好感が持てます。

 

「教科書」と名乗っていますから、スタートする際のブログサービスの選び方、Google AdSenceやGoogle Analyticsの設定方法や使いかた、ASPの使いかた、独自ドメインの作りかた、WordPressの導入方法など、ひと通りの流れは押さえられているので、この本を片手にいままでやってこなかったことに挑戦するのもいいでしょう。

 

f:id:retrogameraiders:20180928224135j:plain

このように、中は対話形式で話が進められているので、本としてはちょっと分厚さを感じるかもしれませんが、とても読みやすく、また話題が探しやすい点も使いやすいと思いました。

 

(今のブログではイマイチはじけられていない)
(ブログでの自分らしさが見つけられていない)
(今からワチャワチャ書かれている本で再勉強するのは面倒くさい)

 

このような方は、ぜひ、 『ブログで簡単!アフィリエイトで稼ぐ力をつけるための教科書』をお試しください。内容はギッシリですが、私は90分くらいですべて読むことができました。充実さとお手軽さのバランスがいいですぜ。