ほぼ日刊レトロゲームレイダース

おすすめエンタメ情報&笑い話を発信





考察する話

ツイッターの通りならば、境野今日子さんのような人は人事とかマネジメントとかをしちゃいけないと思った話。

境野今日子さんのマタハラ告発?事件は、雇用側であるDataGateway社と話し合いで和解することとなり、めでたしめでたし♪となりました。しかし、事件の着地点を見て俺に湧き起ってきたのは、境野今日子さんのような人は人事とかマネジメントとかをしちゃいけ…

「理想のパートナー」を見つけられた人がやっている、ただ1つのシンプルなこと。

最近、異様な頻度で恋愛相談を受ける機会が多いのです。で、「クズ男しか寄ってこない」「いつもセフレで終わってしまう」という人にかぎって、「フツウの恋愛がしたい」と言っている気がするわけで。なので、お話を聞いている中で思ったことを記事にしてみ…

40代で人生初めての駅伝に出場し1区間5kmを走ってみて、わかったことをまとめてみた話。

子供の頃、あんなに走るのが嫌いだった俺が大人になってから駅伝大会に出ることになろうとは。 ? //

「池袋暴走事故」は、「池袋・飯塚幸三(87)死傷者11名暴走事故」として語り継いでいくべきではないか。

家庭を持つ身として、最愛の娘と奥さまを亡くされた松永さんの気持ちは痛いほど分かります。 ? //

「大嫌いな自分」を変える、たった1つの方法の話。

先日、出版の企画の打ち合わせで訪問した会社様で、そこの社長から聞いた話が面白かったので書き残しておきます。 //

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』で明らかになった、今、勇者がいるところ、という話。

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は、いい映画だと思うんですけどね。 //

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』に湧き起こる怒りの正体は、『天気の子』の「ほっといてくれ」かもしれない話。

話題の映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』を観てきました。9歳の息子と観たのですが、息子の感想は「お父さん、ドラクエ5で遊んでみたい」でした。個人的には21世紀版『ネバーエンディング・ストーリー』だと思っています。 //

SNSで部下の無能さをつぶやくリーダーがいたんですよって話。

俺の知り合いの話なんですけどね。チームメンバーの1人のことについて、その無能さについてつぶやいているリーダーがいたんですよ。リーダー本人は知らないんですが、そのメンバーはそのSNSの発言を知っていて、それが退職トリガーになったという笑えない話…

某研修会社のマネージャー育成プログラムを受講している話。

今週のお題「夏休み」 勉強の夏です。子どもの頃の勉強とは、与えられた問題集を解くだけでよかったのですが、大人になると生活していくために自分をアップデートさせていくため、何を勉強するかから考えていかなければなりません。で、某研修会社のマネージ…

【クローバーフィールド事件】「独身者は信用できない」は事実であるなぁと思った話。

6月29日(土)18時、大阪の株式会社クローバーフィールドという会社のツイッター公式アカウントが、「今夜は饒舌になってきたので問題発言をしてしまいそうです。まずいですね」という前置きでフラグを立てて、「いい歳していつまでも独身の人は信用しない」…

あの日見た父の表情の正体を、俺はまだ、うまく言葉にできない話。

今週のお題「おとうさん」 「父の日」は「母の日」よりもずっと存在感が薄い。それはまるで、家庭におけるお母さんとお父さんの存在パワーバランスがそのまま影響しているかのようだ。少年時代の俺の家において、母の日は祝われる日、父の日は忘れられる日、…

『アベンジャーズ/エンドゲーム』を楽しむためのマーベル・シネマティック・ユニバースの各作品紹介と個人的に見るべきポイントまとめ。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』が公開されました。マーベルコミックスの各キャラクターを同一世界観で実写映画化する一大プロジェクト、マーベルシネマティックユニバース(MCU)は、本作で大きな一区切りを迎える。今回は、10年以上にわたるMCUの集大成…

愛しさと、せつなさと、糸井重里。

女性は社会的弱者なのか。部下だったメンヘラ女子からパワハラ&セクハラを受けたと上司に報告された経験がある俺です。もちろん、完全なシロでした。しかし、自己愛が強すぎるため「自分は絶対の被害者」と信じ切っている彼女の訴えを聞いた上司は、「俺には…

「カッコイイこと=モテる」と思い込んでいることが、非モテであるという話。

こんばんは、レトロゲームレイダース/ジョーンズです。 先日、ニンテンドウ64の『新世紀エヴァンゲリオン』を購入しました。これが非常に出来のいいキャラクターゲームで驚きました。64のロムカセットなのに、しゃべるわ、動くわ、分かっている演出づくしだ…

夫婦円満のコツは、「相手に期待しない」&「加点評価する」&「別分野のスペシャリストとして尊敬する」ではないかという話。

こんばんは、レトロゲームレイダース/ジョーンズです。人間の肉体は、たった1人の異性だけで満足できないようになっているのに、その理屈に合わない結婚というシステムによって、ちょっと羽目を外せば「浮気だ!」「不倫だ!」と叩かれ、世の中の既婚者は男…

警察官をクビになった話の漫画版を読んで、現代日本社会の問題点について考えてみた話。

こんにちは、レトロゲームレイダース/ジョーンズです。いろいろ忙しくてリアルタイムからずいぶん遅れて話題にするのですが、ハルオサンの人気ブログ「警察官をクビになった話」をハルオサン自身が漫画にしたエントリーが話題になっていました。たくさんの…

週末にジムで走っていたら、中学生メガネくんの青春物語と遭遇した話。

こんばんは、レトロゲームレイダース/ジョーンズです。何かに一生懸命になっている人のことを笑うというのは、なかなかどうしてゲスなことでございます。しかし今回だけは、個人的にかなり面白かったので「笑い話」として紹介させてください。ネタっぽいで…

【ゲーム動画紹介】ドラゴンクエストIX_僕達は天使だった_自作PV

こんにちは、レトロゲームレイダース/ジョーンズです。 俺は、実は『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』を密かに高く評価しており、もっとシリーズ内で高いポジションになってもいいのでは?と思っているわけです。そんな俺が、ドラクエ9への愛が高まりすぎ…

【考察する話】『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』は、結婚してからプレイすると、なんかいろいろグッとくる話。

『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』は、ドラクエシリーズの中で異彩を放っている作品です。ナンバリングタイトルでありながら、従来のゲームデザインを大きく変更。仲間になるモンスターを戦闘を経て加入させていくという新システムを搭載しました。 本作のア…

【映画レビュー】『アントマン&ワスプ』――テーマは「パートナー」!別れたスコットとホープが再会してからずっとイチャイチャしている微笑ましい話。

こんにちは、レトロゲームレイダース/ジョーンズです。上映開始からずいぶんと経っちゃったけど、『アントマン&ワスプ』をようやく観てきました。感想は、まあ、タイトルに書いた通りなのですが、その詳細について、いろいろ触れてみたいと思います。 //

【レトロゲームの話】『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』は、天使がアバターをつくって天から地上を見下ろすゲームだった話。

今週のお題「ゲームの思い出」 『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』は、「広大な世界を冒険できる楽しさ」を教えてくれた『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』の進化形であると同時に、アプローチがまったく逆方向のため、誤解を受けやすい…

【レトロゲームの話】『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』は、PS2で作った本気のドラクエって話。

今週のお題「ゲームの思い出」 私は好きですし、商業的にも一応成功した前作『ドラゴンクエストVII』でしたが、「もう今までの古き良きスタイルではユーザーを納得させられない」という大きな課題をつき付けられた作品でもあったように思われます。これは、…

【レトロゲームの話】『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』は、プレイステーションで足取りも軽やかに…とはいかなかった受難が多かった話。

今週のお題「ゲームの思い出」 ファミコン少年少女にRPGの面白さを伝えるために作られた『ドラゴンクエストI』~『ドラゴンクエストIII』の勇者ロトシリーズ。国産RPGの可能性を追求しつづけた『ドラゴンクエストIV』~『ドラゴンクエストVI』の天空シリーズ…

【レトロゲームの話】『ドラゴンクエストVI 幻の大地』は、自分探しがテーマだけど、本当の自分を見つけてからがキツイという話。

今週のお題「ゲームの思い出」 『ドラゴンクエストVI』は、当時ライバルである『ファイナルファンタジー』が猛追してきたこともあり、「負けられない作品」だったと思います。そこで、シリーズのウケたところをすべて詰め込むといった贅沢なことを行なった作…

【レトロゲームの話】『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』は、戦闘集団をつくるのではなく、家族を再生しに行く旅っつー話。

今週のお題「ゲームの思い出」 『ドラゴンクエストV』の制作が難航したのは、あらためて作品を見ればよく分かります。本作は、ゲーム中盤からゲームデザインがガラリと変わる仕様となっており、その仕様とは、「『ポケットモンスター』のように戦闘したモン…

【レトロゲームの話】『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』は、コンシューマRPGの新境地を求めて戦士はひとり征く作品だった話。

今週のお題「ゲームの思い出」 『ドラゴンクエストIV』は、もともと作られる予定のなかった作品でした。『ドラゴンクエスト』自体が「ファミコン少年少女たちにRPGの面白さを伝えること」を目的としていたことを考えると、その使命は『III』で果たしたと言え…

【レトロゲームの話】『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』は、ファミコンRPG確立という冒険の旅であり、勇者の挑戦でもあった話。

今週のお題「ゲームの思い出」 前回、前々回でも書きましたが、『ドラゴンクエスト』はファミコン少年少女たちにPCで流行っていた「RPGの面白さ」の伝えるために作られたゲームです。 『I』、『II』と少しずつ進化を遂げてきて、いよいよ大本命。おそらく堀…

【レトロゲームの話】『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』は、果てしない世界への遥かなる旅路だったなー的な話。

今週のお題「ゲームの思い出」 前回も書きましたが、『ドラゴンクエスト』はファミコン少年少女たちにPCで流行っていた「RPGの面白さ」の伝えるために作られたゲームでした。 『I』が「RPG初心者向けの入門」だったことに対して、『II』は「もう一歩進んだRP…

【レトロゲームの話】『ドラゴンクエスト』は、未開だったコンシューマRPGという広野を行く作品だったなぁという思い出の話。

今週のお題「ゲームの思い出」 『ドラゴンクエスト』は、ファミコン少年少女たちにPCで流行っていた「RPGの面白さ」の伝えるために作られたゲームでした。そのため、「RPG初心者向けの入門」として非常にていねいにつくられています。 そのゲームデザインは…

【雑談】Hagexさんについての話。

すでに、はてな界隈ではいろいろな意見が出ていることですし、事件から1週間がたった今、何を語るのかという話ではあるのですが、ちょっと、自分なりに思ったところを書こうと思います。 //