ほぼ日刊レトロゲームレイダース

おすすめエンタメ情報&笑い話を発信





オススメしたい話

【U-NEXT生活】『江戸川乱歩の美女シリーズ 浴室の美女』――真面目なのかバカなのか、よく分からない天知茂の明智小五郎ワールドの傑作!

今週のお題「感謝したいこと」 忘れられないドラマがあのます。俺にとってのそれは、土曜ワイド劇場で放映されていた『江戸川乱歩の美女シリーズ』です。江戸川乱歩の3原則エロ・グロ・キチガイが詰まっていて、毎回美人女優がヌード&ポロリをするドラマシ…

【U-NEXT生活】『バタリアン』――『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』の恐ろしさに磨きをかけつつ、笑えて楽しいゾンビ映画の傑作!

今週のお題「鍋」 最近、寒いので鍋ばかり食べています。昨日は豚肉と白菜の鍋でした。鍋をつつきながら映画を観るのが大好きで、最近は映像系サブスクサービス『U-NEXT』で映画をよく観ているのですが、最近、最高に楽しめたのが『バタリアン』です。今回は…

【宣伝】もう一度プレイしたくなるような、悪魔城ドラキュラシリーズのゲームレビューを書いているのでよろしくね。

今週のお題「最近見た映画」 最近、1992年に公開された『ドラキュラ』を観ました。ドラキュラ伯爵をゲイリー・オールドマン、ジョナハン・ハーカーをキアヌ・リーブス、ミナをウィノナ・ライダー、ヘルシング博士をアンソニー・ホプキンスが演じる最高の映画…

『ダイの大冒険』がどんな物語だったか、ふり返ってみる⑥(死の大地~大魔宮バーンパレス)

こんにちは、レトロゲームレイダー/ジョーンズです。 『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の物語をふり返る企画第6弾。大魔宮バーンパレスに侵入したダイとバランを待ち受けていたのは、超魔生物となったハドラー。残り少ない命を燃やして、最強の竜(ドラゴ…

『ダイの大冒険』がどんな物語だったか、ふり返ってみる⑤(死の大地~漁村サババ~魔宮の門)

『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の物語をふり返ってみる企画第五弾。実は、『ダイの大冒険』はこのあたりから連載引き延ばしの影響を受けたのか、ちょっと話が複雑に絡みこんでくる&まどろっこしくなってくるのです。この記事では、無駄なところはバッサ…

『ダイの大冒険』がどんな物語だったか、ふり返ってみる④(ロモス王国~死の大地)

こんにちは、レトロゲームレイダー/ジョーンズです! 『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の物語をふり返ってみる企画も今回で4回目。ダイの竜(ドラゴン)の騎士としての覚醒にともない、魔王軍も戦力強化が行なわれ、物語は新たなステージへと突入していき…

『ダイの大冒険』がどんな物語だったか、ふり返ってみる③(ベンガーナ王国~神秘の国テラン)

こんにちは、レトロゲームレイダー/ジョーンズです。 今回も、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の物語をふり返ってみる企画の第三弾をお送りします。ネタバレがありますので、ネタバレを気にしない方、ひさびさに物語を思い出したい方のみ読んでいただけ…

『ダイの大冒険』がどんな物語だったか、ふり返ってみる②(パプニカ王国~バルジ島)

こんにちは、レトロゲームレイダー/ジョーンズです。 今回も、10月よりアニメがはじまった『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の物語をふり返ってみる企画の第二弾をお送りします。ネタバレがありますので、ネタバレを気にしない方、ひさびさに物語を思い出…

『ダイの大冒険』がどんな物語だったか、ふり返ってみる①(デルムリン島~ロモス王国)

こんにちは、レトロゲームレイダー/ジョーンズです。今回は、10月よりアニメもスタートした『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』とはどんな物語だったのかをふり返る記事になります。先のストーリーのネタバレがありますので、ネタバレを気にしない方、ひさび…

【映画レビュー】『転校生 ~さよなら あなた~』――“転校生”の設定を使って「生きる」ということは何かをつきつける泣ける映画!

こんにちは、レトロゲームレイダー/ジョーンズです。今回は、大林宣彦監督による名作『転校生』のセルフリメイク作『転校生 ~さよならあなた~』(2007年)をご紹介します。大切な何かを失うという経験をしたことがある人にはすごく響く、そして応援歌とな…

【本のレビュー】『9割捨てて10倍伝わる要約力』――「あなたの話はよく分からない」と言われて傷ついている人を助けるための一冊。

こんにちは、レトロゲームレイダー/ジョーンズです。今回は、日本実業出版社様より献本いただきました、『9割捨てて10倍伝わる要約力』の本のレビューをご提供します。献本いただきましたが、一切忖度なしのガチレビューです。 //

【本のレビュー】『ゼロから理解するテクノロジー図鑑』――2020年現在、新聞やネットで知らないワードが増えてきたと思った人にオススメ!

みなさん、ご無沙汰しています。レトロゲームレイダー/ジョーンズです。前回の「これからバンバン記事を書いていくぜ」的な投稿からずいぶんと時間が空いてしまい、その間、更新がまったくないという状況になってしまい、申し訳ございません。復帰第一弾は…

【本のレビュー】『飛ぶ教室 完全版』――34年ぶりに出た続編は懐かしくも新しい『飛ぶ教室』だった!

小学生だった俺に大きな衝撃を与えた伝説のマンガが、初版発行から34年の月日を経て、続編である第二部を加えた完全版として復活したので買ってみました。 ? //

【本のレビュー】『1億人のSNSマーケティング バズを生み出す最強メソッド』(敷田憲司 室谷良平 共著)

インプレス様より献本いただきました『1億人のSNSマーケティング バズを生み出す最強メソッド』のレビュー記事になります。献本いただいていますが、忖度なしのガチレビューです。 //

ドラマ『M 愛すべき人がいて』が最高に面白いので、今、笑いたい人は絶対に見るべきという話。

お題「#おうち時間」 当方、浜崎あゆみさんに何の執着もありませんが、このドラマは全力で追いかけています。 ? //

『ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 前編・後編』というゲームの話。

今週のお題「ゲーム」 このゲームのことを知っている人っていらっしゃいますか? //

【本のレビュー】『金曜日のナポリタン 魚乃目三太作品集①』(著者:魚乃目三太 発行:少年画報社)

日常に「ほっこり」が足りていないと思ったら、オススメの一冊です。 //

【本のレビュー】『100日後に死ぬワニ』(著者:きくちゆうき 発行:小学館)

ちょっと前に話題になった『100日後に死ぬワニ』ですが、買ってみて、読んでみて、「よかった!」と思いました。 ? //

【本のレビュー】『レトロゲームファクトリー』(著者:柳井政和 発行:新潮社)

レトロゲームが好きな人には、条件付きですげえ楽しめる物語でした。 ? //

【オススメ本】『憑依怪談 無縁仏』(著者:いたこ28号 発行:竹書房)

20年来の付き合いになる「いたこ28号」さんの単独怪談本が3月29日に発売されましたので買いました。 ? //

『ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド』が本当に面白くてレビューと動画をつくってしまいました。

個人的には、終盤よりもサバイバル要素の強い序盤のほうが好きです(笑) ? //

【本のレビュー】『部下のトリセツ 「ついていきたい」と思われるリーダーの教科書』(著:浅野泰生 発行:総合法令出版)

本屋で働いている知り合いから「ひそかに売れている本がある!」と聞いて読んでみた本がこちらになります。部下をどう上手に使うか?という内容ではなく、部下と上司のいい関係づくりが高パフォーマンスを生むという本でした。 ? //

【本のレビュー】『文章で生きる夢をマジメに叶えてみよう。』(岸智志 著 発行:MdN 発売:インプレス)

この記事は、インプレス様より献本いただいた『分章で生きる夢をマジメに叶えてみよう。』のレビュー記事です。献本いただいたものですが、ユーザー目線で、ウソのないガチレビューで評価しました。

【映画レビュー】『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』は、結構とんでもないことをしでかした映画かも。

『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の感想です。ネタバレなし。感情的に書きなぐるレビューは嫌いなのですが、ちょっと感情的になってしまっているかもしれません。 ? //

【本のレビュー】『ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章』――実はドラゴンクエストXIに一番影響を与えているかもしれない作品!

「勇者とは、血統ではない」ということに、早い段階で言及した作品といえるのではないでしょうか。 ? //

【本のレビュー】『今日からはじめて、月10万円稼ぐアフィリエイトブログ入門講座』――かなり現実的に月10万円稼ぐが見えてくる一冊。

この記事は、SBクリエイティブ株式会社さまより献本いただき、レビュー依頼があった本の書評です。…が、忖度なしのガチレビューであり、良いところと個人的にこういうところも頼みます的なところを書いています。 ? //

【本のレビュー】『KPI・目標必達の動画マーケティング 成功の最新メソッド』――これから動画でなんかやろうという人にピッタリ。入門編としてのAtoZを網羅している本。

この記事は、株式会社エヌディーエヌさまから献本いただいた書籍についての書評です。いただいた本だけど、ガチでレビューしています。 ? //

【ネタバレあり】『ターミネーター ニューフェイト』の感想。『T2』には及ばないけど正統続編だと思う8つの理由。

ネットのレビューを見ていると、賛否両論が分かれている本作。しかし俺は、『T2』ほどではないけど結構のこま作品には(いい意味で)ガツンとやられた派です。なので、俺が推す理由をまとめてみました。ネタバレあり。すでに鑑賞した方が1つの解釈を知るため…

【映画レビュー】『ターミネーター ニューフェイト』――『T2』に感動したものは見届けなければならない。サラ・コナーの魂の再生と救済の物語。

イヤな予感はしていました。映画の出来ではなく、復帰したサラ・コナーが『T2』以降にたどった運命について。そして、その予感は当たってしまいました。今回はネタバレこそしませんが、ちょっとだけ話の構成にふれるレビューになります。 ? //

【映画の話】『来る』――ホラー映画の型をとらずに恐怖を感じさせる新感覚ホラーの傑作!

ちょっと前に劇場公開された作品ですが、中島哲也監督のホラー映画『来る』を観ました。そのレビューになります。 //