ほぼ日刊レトロゲームレイダース

おすすめエンタメ情報&笑い話を発信





【本のレビュー】『はじめてのブログをワードプレスで作るための本[第2版]』――最近ITリテラシーに自信のない俺でも、できちゃったワードプレス。

f:id:retrogameraiders:20190509134845j:plain

2011年からずっとライブドアブログでブログ運営を行なってきましたが、いろいろやりたいことができなかったり、デザインがふた時代くらい前な感じになってきたので、そろそろワードプレスに移行したいと思っていました。で、そのときに大変お世話になった使える本がコチラになります。

※この記事は秀和システム様からの献本いただいたもののガチレビューです。

 

 

俺という、レビューする人間について

まずはカンタンな自己紹介を。ぶっちゃけ、ブログを作るのははじめてではありません。2011年から他社のブログサービスで粛々と更新をしてきました。しかし、最近になって、スマホ閲覧を気にするようになったり、もっと広告を目立たないところに変えたくて、ワードプレスに興味を持ちました。

 

最初は、書籍を買うお金もケチって、ネットにたくさんある初心者向けワードプレス導入サイトを参考にしようと思いましたが、とれも不親切と感じるはめに。それはサイト様の問題ではなく、俺のITリテラシーに問題があるのでしょう。ちくしょう、Windows Meくらいの時はITリテラシーが高かったほうなのに。

 

てなわけで、俺という人間をハッシュタグで表現すると、

 

#ワードプレスに興味はある
#独自ドメインも持って入る
#でもよく分からないことが多い
#レンタルサーバーってどこがいいの?
#ワードプレスでブログをカスタマイズしたい
#おすすめテーマはどこ?
#プラグインって何を入れればいいの?
#もろもろ設定の仕方がわからない
#よく考えたらワードプレスが何かも知らない

 

というレベルの人間です。書いていて自分のポンコツぶりに絶望しますね。orz

 

俺は、どんな本を求めていたか

最終的な目的は、「今あるブログをワードプレスに移行すること」。その手始めとして、レンタルサーバーを借りて、ワードプレスを入れて、何かしらのテーマでなんとなくブログを作ってみて、「こういうものだ」と感じてみたかった。

 

ワードプレスを始めるにあたって、どこから始めて、どんなレンタルサーバーを選ぶべきか、そのオススメ理由も教えてくれて、どんなテーマから選ぶべきか、そのオススメ理由も教えてくれて、1日あればワードプレスでブログが出来ちゃうような手引書になって、なるべく難しい言葉で書かれていなくて、字が大きくて、図面が大きい、分かりやすい。

 

そんな本が欲しいと思っていました。ワードプレス系の本はいろいろあるのですが、この要望を満たすものはなかなかないのですよ、本当に。

 

で、この本はどうだったのか

俺の期待に、90%応えられる本でした。

 

100%ではない理由は、俺のように、すでにブログを持っていたりね独自ドメインを持っていたりする人間が、今あるブログやドメインを新しく作ったワードプレスのブログに反映させるには、この本に書かれていない知識が必要になったためです。

 

では、それがこの本の減点ポイントになるかというと、そんなことはなく。変に説明することを守備範囲を拡げずに、「はじめてのブログをワードプレスで作ろう」と思っている人に必要な情報にしぼって分かりやすくしている点はGOOD。俺のニーズがそもそもこの本より少しはみ出ていただけのお話だと思います。

 

この本を読んで得られたこと

1日で、レンタルサーバーを借りて、ワードプレスでブログを作ることができました

 

ブログのカスタマイズに関しては、いろいろできてしまうのがワードプレスの特長であり、沼の要素でもあります。「世界に1つだけのフルチューンナップしたブログを作ってやるぜ」という要望を満たすだけの情報はありませんでしたが、そのスタート地点に立つまでは完璧にナビゲートしてくれる本だと思いました。

 

何が良かったか

一番の推しポイントは、この処理をしたあとに画面にはこう表示される、という画面がたくさん載っていたこと

 

ITリテラシーの低いオッサンのストレスは、書籍ではこう書かれているのに、俺のPCではそう表示されてないときに発生します。そして、なまじ、Windows Meの時代は結構PCに詳しかったんだという自信があるので、適当にいじってみて、どうにもならなくなって、ウガーッと血圧が上がってしまうんですね。

 

そういうトラブルがないように、表示される画面がたくさん載っていて、とても分かりやすく、ワードプレスでのブログ制作を進めることができました。

 

結論、どんな人にオススメか

俺の感想をハッシュタグで表現してみると、

 

#ワードプレスに興味がある
#敷居が高そうでちょっと敬遠している
#ちゃんとナビゲートしてくれるのだったら作ってみたい
#最近ITリテラシーに自信がない
#でも勉強していこうという気はある

 

こういう人たちにピッタリの本だと思いました。参考にしてみてください。

 

 



?