ほぼ日刊レトロゲームレイダース

レトロゲームについて、ほっこり&もっこりする思い出話と雑談多め



【レトロゲームの話】ゲームセンターと、退廃の空間と、荒ぶる不良の話。(後編)

f:id:retrogameraiders:20180210082248j:plain

 

~前回までのあらすじ~

時は、西暦1986年。あの頃のゲームセンターは、私たちにとってアヘン窟のような、「ゼッタイに行っちゃいけない場所」だった。なぜならそこは、粗暴にして粗悪、暴力の権化である「不良」がよく現れる場所だったから。

 

しかし、ジョーンズ少年は潜入を試みる。なぜならゲーセンは、いろんなゲームが集まる禁断の楽園でもあったからだ。「大佐、潜入した。待たせたな」。

 

 

 

様子をうかがおうと、ちょっとだけドアを開けた私の目がとらえたのは、私に向かって飛んでくる空飛ぶ円盤でした。アダムスキー型か?!いや、違う!あれは、灰皿だ!灰皿がこっちに飛んできているんだ!

 

ガシャン! 灰皿はわたしのすぐ横の壁にぶつかり、カランカランと床に落ちました。一瞬遅れて、周囲に舞い上がるタバコの灰。ゲホゲホッと私はむせました。そんな私の耳につき刺さる怒号。

 

「ッダロガー!ケガスゥー!」

「ッスケガー、ダラァー!アァ!?」

 

ゲームセンター内で、2人の不良がキスするんじゃないかというくらい顔を近づけ合って、メンチを切り合い、解読不能な日本語らしきものを喚いています。

 

周囲に不良たちが取り囲んでおり、どうやら別勢力同士の不良たちの3対3の戦いが、一触即発ときどき小競り合いの様子です。飛んできた灰皿の意味はよく分かりません。日常で経験したことがない、大声と怒りを浴びせられた小学生の私は、完全に理解が追いついておらず、その場に立ち尽くすだけ。動画編集中にフリーズしたノートPC状態でした。しかし、そんなことをやっている場合ではなくなってきます。

 

「ォモテ、デロヤァ!」

「ウッダラァ!ジョートォダア!」

 

不良たちが出入口、私の方にズカズカズカ…と近づいてきたのです。いとヤバし!このまま見つかるとより面倒なことに巻き込まれる!と感じた私は、とっさにゲームセンターの入り口にあるジュース自動販売機の影に隠れました。不良たちはガヤガヤしながら通り過ぎ、お店の裏に向かっていったようです。

 

ちょっと確かめに行くと、お店の裏の駐車場からは、カッ、ボッという不吉な音と、ダシャアー!ゴルァッ!といった罵声が聞こえてきて、餓狼たちのリアルバウトが行なわれているのは確実です。私は恐怖のあまり、ヨロヨロと逃げ出そうとしました。

 

"オッパイ"

 

そのとき、私はゲームセンターにやってきた理由を思い出しました。そうです。バビンスキー(学校の友達)が不良にカツアゲに遭ってまで教えてくれた、ゲームセンターにある女の子が服を脱いでいくエッチなゲームを見に来たことを。

 

私はアタマの中で、オワン型のオッパイを思い浮かべました。そして、その先端の突起に、人差し指が押し込まれるイメージを描き、その結果、心は「やっぱりゲーセンに見に行く」という判断へ。そう、これが私の「やる気スイッチ」。私はきびすを返し、ゲームセンターへ向かいました。

 

ドアをそっと開けて中をのぞくと、不良たちはさっき出ていった人たちだけのようで、他に不良はいないようです。今がチャンスと、私は店内に入りました。

 

ゲームセンター内は、弱めの灯りで店内が照らされており、タバコの煙でよどんでいました。当時のゲームセンターのゲームは、テーブル筐体とよばれるテーブル型の筐体がメイン。それは天井からの灯りを受けて画面に照明が反射して見えづらいため、店内照明は暗めの設定だったのです。また当時は、全エリアでタバコ吸い放題でしたから、ゲームセンターのようなところは煙だらけでした。

 

ゲームセンターに入り浸っている人も特殊で、なんか作業着を着たおじさんとか、パチンコ屋にいそうなおじさんとか、飲み屋にいそうなおじさんとか、今の第二新橋ビルのゲームセンターにいそうな人たちが昔からいたものです。

 

まさに、アンダーグラウンド。しかし、数多くのゲームたちがきらびやかな色を発しながら踊り、キンキンな音でBGMを奏でており、大人たちがそれに夢中になっている様は、どこか未来を感じさせる不思議な光景でした。

 

私は店内を歩きまわり、エロいゲームを探しました。これでもない!あれでもない!ない!ない!ちくしょう、ガセだったか!

 

意気消チンする私の目に飛び込んできた1つのゲーム。私はそのゲームに思わず釘づけになりました。それが『グラディウス』だったのです。

 

▼ グラディウスについてはコチラ ▼

www.retrogameraiders.com

 

 

 

 

 

私は、ゲームセンターの片隅で"宇宙"を感じました。それくらい感動したのです。ステージが進むたびに新しい驚きを与えてくれる『グラディウス』に、すっかり夢中になり、おじさんのプレイに見惚れて、戦いの中で戦いを忘れてしまいました。

 

ゆえに、いつの間にか背後に来ていた不良の存在に、気が付くことができなかったのです。

 

「金貸してくれよ」

「も、持っていません」

「ジャンプしろや」

 

チャリン、チャリン

 

「貸せや」

「は、はい…」

 

不良にカツアゲされているときに、店員と一瞬目があいましたが、ソイツは目を反らしやがりました。ちくしょう、大人なんて

 

悔しさで泣きながら、自転車で家に帰りましたとさ。

 

あの当時、ゲーム少年たちは、こうやって少しずつ大人になっていったのです。