ほぼ日刊レトロゲームレイダース

レトロゲームについて、ほっこり&もっこりする思い出話と雑談多め



【レトロゲームの話】『忍者くん』と、美少女と、おウチにお呼ばれの話。(後編)

f:id:retrogameraiders:20180120155405j:plain

 

『忍者くん 阿修羅ノ章』は、『忍者くん』の続編です。今度は販売をUPL自身が担当しています。ジャンプアクションに磨きがかかり、大型ボスとの戦いがアツい作品に。ただし、難易度は高めです。

 

今回の話に出てくるゲームは『魔城の冒険』なのですが、なぜ『阿修羅ノ章』を出しているかは、最後まで読むと分かります。

 

 

 

「ちょっと待っててね」

 

そういうとキャリーはパタンとドアをしめて、どこかに行ってしまいました。私が案内され、取り残されたのは、大きな家の2階にあるキャリーの部屋。なんとその部屋には、テレビとファミコンもあり、なんとも羨ましいかぎり。

 

私は借りてきたネコのように大人しく、正座して努めて冷静を装いながら、部屋の中を観察しました。部屋全体の広さは8~10畳くらい。白を基調とした壁や天井。床に敷かれているじゅうたんは女の子らしいピンク。部屋にあるのは、ミニテーブルと学習机とベッドとタンスと本棚。本棚には少女漫画が並んでいたと記憶しています。

 

そして、なんかいい匂いがしました(ほわーん)。

 

よくよく考えてみれば、女の子の家にお邪魔するのはちょっと久しぶり。幼稚園や小学校低学年まではそういう機会もありましたが。

 

「お待たせ。あら、『忍者くん』やっててよかったのに」

 

ドアを開けて現れたキャリーは、お盆に飲み物とおやつを持って、そしてさっきとは違う服を着ていました。部屋着というもので、上流階級の人たちは学校に行くときと、部屋でくつろぐ時と、別々の服を着る文化があることに私は驚きました。

 

キャリーが持ってきてくれた飲み物が、とてつもなく美味しかった。それが、ミルクセーキ。お菓子も、なんか上品そうで高そうなものばかり。(なんか、やっぱ、いろいろ違うなぁ…)と子供心に思ったものです。

 

首元が大きく開いたラフでありながら可愛らしい服を着たキャリーと私は、隣に座り合って、『忍者くん 魔城の冒険』をプレイしました。

 

なんか、いい匂いがしました(ほわわーん)。

 

 キャリーは忍者くんが敵の攻撃を受けるたびに「あんっ」「あんっ」と小さな悲鳴をあげるので、(かわいいなぁ)と思いました。しかし、ここにて私は、ある疑念と向き合わざるを得ませんでした。それは、お呼ばれまでした私は、彼女に何を期待されているのか?ということです。

 

『忍者くん 魔城の冒険』の超絶プレイ? それならお門違いです。なぜなら、『忍者くん』をプレイするのは今日が初めてだったから。

 

男子として女の子を楽しませる? それもお門違い。そういう役割は、女子と遊び慣れているスクールカースト上位男子がやるべきです。

 

何が求められているのか? なぜ自分がお呼ばれしたのか? 謎・謎・謎…! というか、何か期待されているのに、期待に応えられなかったら、超絶気まずいんじゃないか? ガッカリさせてしまうんじゃないか?

 

前編では「チャンスは最大限に活かす主義」とかシャアみたいなことを言っていましたが、ネガティブ思考に支配された私は、逃亡寸前のカイ・シデン。いかに穏便に撤退するかばかり考えるように。

 

「『忍者くん』って、ゲームセンターにもあるんだよ。知ってた?」

「知らない。そうなの?」

「駅の向こうにしまむらあるじゃん。あそこにあったよ」

「そうなんだ。知らなかったな」

「ファミコン版とちょっと違ってて、違う敵も出てくるよ。絵もキレイで」

「ゲーム、くわしいんだね」

 

(よしよし、いい感じに盛り上げて、いい感じに楽しませているぞ…。この良好な雰囲気のまま、問題は"いつ帰るか"だ…!)

 

その時である。下腹部に謎の感覚を感じたのは。キュピーンときたこの感覚は、なんだ? 不愉快だな? そう、我々は知っている。この感覚を知っている。

 

便意だ。

 

お腹が痛い。すっごくウンコがしたい。

 

しかし、小学生にとってウンコはダメなのです。学校でもウンコはしません。してはならなりません。大の使用は許されないのです。トイレにおける大の使用=ウンコくんのあだ名がつけられてしまいます。そして、友だちと距離を置かれてしまうのでした。鉄ケツのオルフェンズの一員入りなのである。それが80年代の小学校に実在した日本国子ども憲法。

 

クラス1の美少女の家でウンコなど、言わずもがなである。

 

しかしケツ論から言うと、私はウンコをした。30分くらい我慢してみたがダメだったのだ。漏らすか漏れるかの二択しかない状態まで追い込まれたからです。

 

「そろそろ帰ろうかな」と何度も打診してみたが、キャリーが「まだいいじゃない」と許してくれなかったのでした。うれしいが悲しい。だから、小のトイレを借りる体でトイレに行き、小と同じくらいの時間で大をすることに。

 

メリメリメリメリ…とすごい量が出ました。しかし、背徳感は通常以上の快楽を伴うもの。そのことを私はこの時に知りました。問題が解決したので、晴れやかな気持ちでキャリーの部屋に戻った私は、たぶん、ツヤツヤした顔をしていたと思います。

 

ところが、である。

 

「あれっ?」とお腹を押さえたキャリー。「私も、トイレに行ってこようっと」と、ヨロヨロと立ち上がりました。彼女は部屋を出て行くときに「内緒だよ☆」と。男子の前でオシッコ行くのが恥ずかしかったのでしょう。ウンコだったかもしれません。

 

ほどなくして、トイレからジャーと水が流れる音を聞いて、私はハッとしました。急いでいた私には、トイレを流した記憶も、手を洗った記憶も、ありません。あれ、ひょっとして、自分は何か、

 

取 り 返 し の つ か な い こ と を し て し ま っ た の で は あ る ま い か ?

 

ガチャとドアが開く音がしました。ふり返るとそこには、

 

 

 

 

 

阿修羅がいました。

 

 

 

 

 

そこからどうやって家に帰ったのか。まったく記憶にありません。この記事を読んで、まったく『忍者くん』のゲーム描写がないことにお気づきの読者もいらっしゃると思いますが、実は私はこの件がトラウマで、いまだに『忍者くん』をプレイする気が重いのです。みんな、ウンコのせいです。

 

翌日の学校から、親友だったビッグスとウェッジに距離を置かれるようになりました。あの訴えかけてきたメッセージを無視した報いです。キャリーとはその後一度も目を合わせたことがありません。ずいぶん後になって、成人式でモデルのようにキレイになった彼女と再会しましたが、やはり目を合わせてくれませんでした。

 

彼女があの日、なぜ私を家に呼んでくれたのか。それは今なお謎のままです。

 

そして、クラス1の美少女から唯一お呼ばれしたことは、クラス中の男子からの嫉妬を受けることになり、私は孤立することになったのでした。そんな私の前に、1人の男が姿を現します。

 

「ジョーンズくん、君は『忍者プリンセス』をご存知かな?」

 

それは、クラスに1人しかいなかったセガユーザー、セガール(仮名)からの接触だったのです。