ほぼ日刊レトロゲームレイダース

おすすめエンタメ情報&笑い話を発信





【本のレビュー】『ハイスコアガール1巻』――レトロゲームを扱った作品では最高峰!とりあえず読んどけって話。

f:id:retrogameraiders:20180917215635j:plain

さて、現在テレビアニメも絶賛放送中の『ハイスコアガール』。実際のゲーム画面を取り込んだアニメ版はレトロゲーマーとしては素晴らしいのひと言なのですが、原作マンガ版のほうが個人的には好きだったりします。この作品を多くの方に読んでもらいたい。そんな思いから作品解説を連載することにしました。どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

ハイスコアガールってどんな話?

1991年のゲームセンター、その『ストリートファイターII』の対戦台からはじまるボーイ・ミーツ・ガールの物語です。本作はレトロゲームとその時代ネタを扱ったショートギャグマンガとしてスタートするのですが、それだけだったら私もここまで推すことはありませんでした。

 

時は西暦1991年。主人公・小学6年生の矢口ハルオは恐るべき体験をしていました。行きつけのゲームセンターでとてつもなく強いザンギエフと出会ったのです。しかもすげえ強い。

f:id:retrogameraiders:20180917220019j:plain

対戦台の向こうを確認してハルオは驚きました。それは、同じクラスのお金持ちの令嬢、大野アキラだったからです。

f:id:retrogameraiders:20180917220235j:plain

大野は成績優秀で人望もある金持ちの娘。一方ハルオは成績は褒められたものではなく、人望もなく、一般家庭の子ども。日頃の憂さ晴らしのためにゲームセンターに通い、『ストリートファイターII』ではちょっとした腕前になっていました。そんな憩いの場に乱入してきたハイソサエティな存在は、あろうことか、『ストII』ですらも自分よりも上手いときてる。

f:id:retrogameraiders:20180917220818j:plain

f:id:retrogameraiders:20180917220948j:plain

自分のアイデンティティと聖域を守るため、ハルオは最後の所持金50円で最後の対戦にのぞみ、プライドを捨てて、一矢報いようとするのでした。その方法が…

f:id:retrogameraiders:20180917221249j:plain

f:id:retrogameraiders:20180917221259j:plain

当時のゲームセンターでこの戦法を使うプレーヤーは「卑怯者」と罵られ、末代まで祟られたもの。しかもお互いのお金がかかっているため、ゲーム内での試合終了後、今度は現実世界でリアルバウトに発展していたものですが、

f:id:retrogameraiders:20180917221544j:plain

大野さんもブチ切れました。しかも、彼女はケンカも強かったのです。そんなハルオくんと大野さんですは、このゲームセンターを出禁になり、新しい憩いの場を求めるのですが、さまざまなところで2人は出会うことになるのでした。

f:id:retrogameraiders:20180917222108j:plain

1990年代は多数生息していた、たぶん、本当は子どもが好きじゃない駄菓子屋のおばちゃんネタなどは、実にリアルです(嘘みたいな話ですがこういうおばちゃんは実在したのです)。

f:id:retrogameraiders:20180917222416j:plain

そんな駄菓子屋エピソードの中で私が好きなのは、何か買わないと居づらい雰囲気にしてくる駄菓子屋おばちゃんのプレッシャーの話。私自身もこれに負けて何度対して食べたくない駄菓子のために散財させられたことか…。

f:id:retrogameraiders:20180917222752j:plain

ハルオは1人で『ファイナルファイト』をやっている大野さんの2P側に入って、一緒に長時間プレイをしようとするのですが、

f:id:retrogameraiders:20180917222954j:plain

大野さんは1人プレイでハイスコアを狙っていたため、その邪魔になる中途半端に上手いハルオに殺意を丸出しにして、ヘマをするとリアルでも鉄拳を放ってくるのでした。

 

いつしかハルオの中で大野さんへの印象が変わってきます。彼女のストイックなまでに上達しようとする向上心、そしてゲームの腕前を認め、「いつか戦って正々堂々と勝ちたい相手」へと変わっていくのです。

 

夏にもなると、大野の怒りに火をつけてプール掃除でびしょびしょになったハルオは風邪を引くことに。休んだハルオを見舞いに来たのは、なんと大野さんでした。

f:id:retrogameraiders:20180917223448j:plain

大野さんの家は教育に厳しくてゲームなんてやらせてもらえません。だから彼女はゲームセンターでしか息抜きができなかったのです。ハルオは大野さんにPCエンジンのゲームを遊ばせつつ、いかにPCエンジンの作品が素晴らしいかを語るのでした。それを真剣に聞き入る大野さん。いつしか2人の間には、ゲームについて同じ価値観・同じレベルで語られる相手となっていくのです。

 

万年金欠気味のハルオのもとに、10円ゲームセンターの噂が舞い込んできます。なんでもそこはすべてのゲームが10円でプレイでき、ストIIの猛者たちが集まっているところなのだとか。

f:id:retrogameraiders:20180917224021j:plain

噂の真相を確かめるべく、ハルオは駄菓子屋のおばちゃんに自転車を借りて、多摩川を上流に3駅ほど進んだ銭湯近くのゲームセンターを探しにいくことを決意するのですが、

f:id:retrogameraiders:20180917224228j:plain

大野さんも「付いていく」ということに。2人で自転車に乗って、知らない町のゲームセンターを探すのでした。

f:id:retrogameraiders:20180917224425j:plain

ようやく見つけたゲームセンターがしゃどくろ。そこは、まるで時間が4年前で止まったかのような、ちょっと前のゲームであふれるゲームセンター。

f:id:retrogameraiders:20180917224630j:plain

昔のゲームを堪能してゲームセンターを出た2人。10円ゲーセンはガセネタでした。ハルオは店内に自転車のカギを落としてしまったようで、店の中に戻ろうとすると、そこには「テナント募集中」の紙が。ゲームセンターがしゃどくろはとうの昔に閉店していたのです。では、2人がさっきまで遊んでいたゲームセンターはいったい何だったのか。異次元に迷い込んでしまった2人。

 

自転車が使えなくなったので、ハルオと大野さんは土手を歩いて帰ることに。ハルオはローファーで踵を痛めた大野さんに自分の靴を貸してあげて、お腹がすいている彼女にお肉屋さんのコロッケの買い食いという禁断の美味を教えるのでした。少しずつ距離が縮まっていく2人。しかし、別れは唐突に訪れます。

f:id:retrogameraiders:20180917225207j:plain

クラスみんなで大野さんへのプレゼントを送ろうという話になりましたが、ハルオだけがプレゼントを持ってきませんでした。クラスメートから大ブーイングを受けるハルオ。しかし、ハルオにも事情があったのです。

f:id:retrogameraiders:20180917225735j:plain

ゲームセンターでハイスコアを叩きまくる。そんな大野さんの本当の姿を知っているからこそ、何をプレゼントすれば喜ばれるのか、ハルオには分からなかったのです。大野さんはクルマに乗って空港に行ってしまいました。ハルオはお母さんからもらった1000円をゲームに使おうかとも考えます。大野さんがいなくなって、平穏な日々が戻ってくる。前と同じになるだけ。いいことだらけじゃないか。そう考えるハルオにある人物が語りかけるのでした。

f:id:retrogameraiders:20180917230118j:plain

それはガイルさん。ゲーム脳のハルオは、時々、ゲームのキャラクターたちが話しかけてくるのです。ハルオに話しかけてくるのはガイルだけではありません。

f:id:retrogameraiders:20180917230342j:plain

f:id:retrogameraiders:20180917230512j:plain

f:id:retrogameraiders:20180917230601j:plain

ゲームキャラたちに背中を押され、「やっぱりこのままでは終われない!」ということに気がついたハルオ。いくつもの電車を乗り継いで、ホームを走り、大野がロサンゼルスに旅立つちょっと前に、なんとか空港内で大野を見つけることができるのでした。

 

ハルオは大野さんに語りかけます。

 

「今度な、SNKから『餓狼伝説』って格闘ゲームが出るんだよ…。『ストII』があんだけ流行ったから…、また格ゲーが出るとは思ってたんだ…。オレの予想だとこれからゲーセンがどんどん盛り上がってくるぞ。オレたちが想像もつかないものがどんどん出てくると思うんだ!こんないい時期に海外に行くなんて残念すぎるぜ…。オレも張り合いが持てる奴がいなくなると思うと寂しくてしょーがねえ。お前へ何か贈り物をっておふくろから1000円もらったんだ。でも、ここに来る電車賃で使っちまった。帰りの電車賃を考えると、結局お前には何も買えねえ。ワリーな。これな…。お前と行ったゲーセンがしゃどくろのクレーンゲームで取ったんだ…。母の日にでもおふくろにあげようとサイフに忍ばせておいたんだよ…。これ、この世のモノじゃないかもしれないし、気色悪いかもしれねーけど…」

 

f:id:retrogameraiders:20180917231732j:plain

 

かくして、ハルオと大野さんは離れ離れになってしまいます。ハルオはいつの日か大野さんが戻ってきた時に、今度こそ互角に戦えるようにと、格闘ゲームのウデを磨く決意をするのでした。そして物語は中学生編に突入します。

 

レトロゲームを題材にしたマンガや小説は数多くありますが、レトロゲームという素材へのノスタルジーに頼りきって作品自体のクオリティがちょっと…という作品が多い中、『ハイスコアガール』は「レトロゲームを知らなくても楽しめる」「レトロゲームを知っているともっと楽しめる」という作品であり、他には一線を画していると思います。アニメもいいのですが、人物の深い描写やヤバいギャグがカットされていたりするので、マンガ版もオオスメしたい今日この頃です。