ほぼ日刊レトロゲームレイダース

レトロゲームについて、ほっこり&もっこりする思い出話と雑談多め



【雑談】優秀な女性社員が旦那の転勤で急遽辞めることになったツイートに感じる違和感の話。

 

このようなツイートが話題になっていました。

あやうく脊髄反射で「いいね!」を押しそうになったのですが、よくよく考えると、なんか違うな?と思ったので、自分なりの考えを書いてみたいと思います。

 

 

 

 

モヤモヤ その①

実は、件の女性のことはなんとも思っていない節が感じられる?

140文字の中で記載がないだけで、「私、本当はやめたくないんですー」といったやり取りが投稿者との間にあったかもしれませんが。この投稿内容だけを見ると、女性の退職という事態(貴重な戦力が車内にいなくなったことにだけ)に対して投稿者がイラついているだけのように見え、肝心の女性への気づかいが感じられません。

 

モヤモヤ その②

件の女性が今の会社にいることが一番の幸せと勘違いしている?

①に通じる話であり、本人同士がどういう話をしていたかの事実確認はできないのですが。さも「女性が旦那の転勤のために退職するはめになった」と転勤という制度の被害者のように語っているところに違和感あり。果たして本当にそうなのでしょうか。本当は辞めたい会社だったのでいい口実ができただけかもしれませんし、女性にとって旦那と一緒に転勤先に行くことが幸せの選択であり、投稿者の会社は選択に負けただけの話なのではないでしょうか。

 

モヤモヤ その③

実は投稿者の会社の制度も古い?

これは個人的な感想なのですが、件の女性が旦那さんの転勤に付き合うことになって、退職という選択を迫られたのは、投稿者の会社のイケてないだけなんじゃないの?という疑惑。もちろん、何の仕事をされているかは分からないし、たしかに仕事によっては退職せざるを得ないのかもしれないんですけどね。少なくても投稿者の会社には旦那さんの転勤先に支店などは無いようだし、リモートデスクといった話も出てこない。夫婦共働きの時代、旦那さんの転勤に対応できない体制の投稿者さんの会社の制度も同様に古いのではないか?と思っちゃいました。

 

モヤモヤ その④

人の幸せは他人が決めつけていない?

一番引っかかったのがコレ。本人たちが自分たちを「犠牲者だ」と思っているのなら問題はないのですが、他人があれこれ決めつけるのはどうでしょうか。本人たちが今回の転勤を「いい機会」と思っているのなら、私はそれでいいと思うのです。このツイートから感じるのは、話題の相手のことを心配する気配がなく、自分の言いたいことだけをアピールする気持ち悪さ。まあ、ツイッターとはそういうものなのですが。

 

モヤモヤ その⑤

ツイートの反応に対する返信に見え隠れする本心?

はやぶさ☆数ぽよ on Twitter: "予想通りバズった。投稿前の予感は結構当たりますね。相互歓迎なのでフォローください☆"

当該ツイートに対する返信がこちら。やっぱり自分が目立ちたかっただけなのかーというゲンナリ感があります。