ほぼ日刊レトロゲームレイダース

レトロゲームについて、ほっこり&もっこりする思い出話と雑談多め



【レトロゲームの話】『バンゲリングベイ』と、貸し借りトレードと、覚醒の話。

f:id:retrogameraiders:20180106222718j:plain

 

『バンゲリングベイ』とは、1985年にハドソンから発売された、何をやるのかよく分からないゲーム。ブローダーバンド社がコモドール64で発売したソフトが、ハドソンによってファミコンに移植されたもの。

 

が、何をやるか分からないため、その名前がイヤな記憶として刻まれている方も多いのでは。不人気で中古ゲーム屋の最安値ゲームとなっていました。

 

 

 

 小学生の頃の話。

子どもの社会は小社会であり、すでにヒエラルキーが形成されているもの。ゲーム少年の中では、「ゲームソフトをたくさん持っている者」が尊敬と人気と権力を集めていました。

 

ジョーンズ少年の友人であり、今回のエピソードの中心人物となる「マーカス(仮名)」も、その手の類の人種でした。

 

また、「ゲームソフトをたくさん持っている者」は、なぜか共働きの家が多く(筆者の住んでいたところでの傾向です)、日中は家に子どもしかいないため、誰からも咎められることなく、ゲーム少年たちはマーカスの家に集まり、ファミコンにいそしむことができました。

 

「今日は新作があるんだ。父ちゃんがまたパチンコの景品で、新しいのをもらってきてくれたんだぜ」

 

 それはマーカスの口ぐせ。幼かった私は、パチンコで買って新しいゲームソフトをもらってきてくれる父親がいるマーカスを心底うらやましいと思い、(なぜ、ウチのお父さんは19時に家に帰ってくる真面目人間なんだ)と心の中でオラついていました。

 

今にして思うと、夫婦共働きで、父親がパチンコに行っていることは、それなりの家庭の事情があったのでしょう。息子に景品としてファミコンソフトを持って帰ってきていたのは、奥さんに叱られることへの牽制の意味があったのかもしれません。

 

まあ、それはさておき。

 

私の家は、母親がとても教育熱心だったこともあり、ファミコンの購入にはかなり消極的でした。理由は、「アタマが悪くなる」「ダメな大人になる」というもの。まさにその通り。まるで息子の未来を見てきたかのように正しい状況把握をしていたウチの母親は、ひょっとしたらタイムリープ能力を持つラボメンだったのかも。

 

ゲームに否定的だった親がファミコンを買ってくれた背景には、当時のファミコンブームがとてつもなく、持っていないことがクラスでのイジメや孤立に繋がるかもしれないという温情によるものでした。それゆえに、必要最低限のゲームソフトしか、私には与えられなかったのです。

 

・『スーパーマリオブラザーズ』

・『キン肉マン マッスルタッグマッチ』

 

 この二本で次の誕生日までを乗り切らないといけない。そんな過酷な環境にいた私にとって、いろいろなゲームにふれることができるマーカス邸はパラダイスであり、嫉妬を感じる場所でもありました。

 

さて。

 

当時、ファミコンソフトの価格は1本4500~5500円。子どもが買うにはちょっと高かったため、いろいろなゲームで遊びたい子どもたちは、ゲームソフトの交換貸し借りを行なっていました。

 

しかし、そこには鉄の掟がありました。交換できるソフトは、基本、「同等の価値があるもの同士」。でなければトレードは成立しません。子どもの社会にも市場原理というものがあったのですね。ゲームソフトの価値は、新作か否か、面白いかそうでないか、やりこめるかそうでないか、相手の好みのゲームジャンルかどうか、といった指標で決められていました。

 

新作は総じてレートが高いです。人気ソフトもレートが高い。任天堂やコナミやナムコのものは面白いソフトが多いというブランドがあるのでレート高め。こんな具合です。

 

では、このレートは誰が決めているのか。ご意見番というか正しい見識を持った発言力の強い者がいました。マーカスもその1人です。たくさんのゲームを所有している彼は、フラットにゲームの面白さを判断できる「目」と「情報」を持っていたのです。

 

トレードは基本的にカセットを交換したい者同士で行なわれましたが、そのトレードが公平かどうか悩んだとき、意見を聞きにマーカスのところに来る者たちはたくさんいました。今でいう「カリスマブロガー」のようなポジションとお考えください。

 

マーカスは両者のゲームの特徴を端的に分かりやすく説明していました。ネガティブな面も隠すことなく伝え、それ以上にポジティブな面を伝える。「どういうゲームか」をきちんと先に教えることで、正しく面白さを感じられるナビゲーションをしているように、私は感じました。

 

で、私の『キン肉マン マッスルタッグマッチ』『バンゲリングベイ』のトレードの話がきたときに、私は1人でマーカスに意見を仰ぎに行ったわけです。

 

なぜなら、『バンゲリングベイ』は子どもたちの間で「何をやればいいか分からないゲーム」「5分で飽きる」といわれており、事実、近所のおもちゃ屋さん(ブームに便乗して中古ソフトの買取販売も開始 ※たぶん違法)でも、『バンゲリングベイ』は在庫が多く、買取不可になっていたほど。

 

私もマーカスの家で友人がプレイしているのを見ていて、何が面白いのか、さっぱり分かりませんでした。『バンゲリングベイ』は面白くない。ゆえに、私はこのトレードは不成立だと感じていたのです。

 

黙って私の話を聞き終えたマーカスは、静かにこう言いました。

 

「印象だけで一方的にレッテルを貼るなんて、バンゲリングベイが可哀想だよ。君はバンゲリングベイの何を知っているんだい?僕はバンゲリングベイのいいところを知っているよ」

 

そう言うと、「どこにしまったかな?」と本棚を探しはじめ、「あった、あった」と1冊のゲーム攻略本を見つけ、パラパラーとひらいて、あるページを私に見せました。

 

その攻略本は、『ケイブンシャ大百科別冊 ファミリーコンピュータゲーム必勝法シリーズ3 バンゲリングベイ』という本で、ひらいたページには『バンゲリングベイ』のストーリーが書かれていました。

 

詳細は省かせていただくが、このストーリーを読んで、ジョーンズ少年は震えました。「うおおっ」と叫びたくなるくらい、熱い展開が描かれていたからです。こういう背景があるのだったら、なぜ空母を守らなければならないのか、なぜ敵の工場を破壊しなければならないのか。そして、なぜ主人公たちは勝ち目のない戦いにのぞまなければならないのか。すべてが分かりました。

 

「ジョーンズ、これがバンゲリングベイだよ」

 

結論からいうと、『ケイブンシャ大百科別冊 ファミリーコンピュータゲーム必勝法シリーズ3 バンゲリングベイ』に書かれたストーリーは、公式のものではありませんでした。攻略本の編集スタッフによる力の入った創作とのこと。

 

しかし、事前情報が入るだけで、あれだけつまらないと思っていたゲームが、とても魅力的に見える。いや、本当の価値が見えてくることに私は驚き、マーカスのことを心の底から尊敬したのでした。

 

今にして思うと、私のレトロゲーム探求活動の原点は、このマーカスから教えてもらったことと『バンゲリングベイ』にあるのかもしれません。

 

マーカスを師と仰ぎ、私は彼からいろいろなことを学んでいくのですが、やがて対立別離を迎えてしまいます。それはまた別のお話ということで。