ほぼ日刊レトロゲームレイダース

おすすめエンタメ情報&笑い話を発信





MSX、それは時代の名前という話。

f:id:retrogameraiders:20190326003927g:plain

「しあわせな時間」は、どんな人間にも存在していたものだし、しているものだ。俺にとってそれは何時だったかを考えると、現役でMSXにふれていたあの頃ではないかと思います。MSX、それはその昔存在した低価格帯のパソコン規格であり、プロの作ったゲームと自分がプログラムを打って作ったゲームが、同じところにあることを強く感じられたパソコンでした。

 

 

続きを読む

愛・超兄貴、コナミアニバーサリーコレクション、ファミコンバンド、もしもニンテンドウ64ミニ、もしもMSX1/2ミニ、ギルド活動報告 とか

f:id:retrogameraiders:20190319001328g:plain

この記事は、先週1週間のもう1つのブログでの更新情報をまとめてお伝えする記事(リンク集)です。俺はこういうブログも運営しています。興味がある方は、ぜひ、のぞいてやってください。

 

 

続きを読む

ブラック企業に長年カラダとココロを毒された人間は、ホワイト企業で幸せになれない予感がする話。

f:id:retrogameraiders:20190223082831j:plain

転職しました。3ヵ月の充電期間を経て、ふたたび東京勤務をスタートした先週。「社会復帰できるのか」「朝、起きれるのか」「スーツが着れるのか」など、大きなことから小さなことまで心配事は尽きませんでしたが、結論、すんなりとはんなりと、東京勤務のサラリーマンに戻ることができました。ですが、不安がなくなったわけではありません。

 



続きを読む

【本のレビュー】『ストレングスファインダー2.0』――自分の知らない自分の長所を教えてくれる1冊。

f:id:retrogameraiders:20190323090258g:plain

自分のことは、よく知っているつもりで実は分かっていないものである。今、とても悩んでいることがあったとして、それが自分の長所を知ることであっさり解決することもあるのです。自分の場合は、職場の上司にずっと劣等感を植え付けられていましたが、「上司や会社が自分に合っていない、自分の長所を活かせない人たち」ということが分かって、ずいぶん救われた経験があります。この本は、表紙に書かれている文言がちょっとアレで怪しいのですが、自分を分析してくれる結構使える本です。

 

 

続きを読む

SDスナッチャー、SNATCHER CD-ROMantic、PCエンジンハイパーカタログ4、スナッチャーパイロットディスク、KOF'94、KOF'95、フラッシュハイダース など

f:id:retrogameraiders:20190319001328g:plain

レトロゲームしかやらないわけじゃありません。歴史に埋もれてレトロゲームの面白さが伝わらないままにしておくのが、なんかイヤなのです。そんなわけで、もう1つのブログのほうでレトロゲームの魅力をいろいろ発掘している、そのお知らせです。

 

 

続きを読む

【わくわく退職後ライフ】埼玉の片田舎の中心で、ピザを食べる。

f:id:retrogameraiders:20190317071748g:plain

ごはんというものは、絶対にみんなで食べたほうがおいしい。グルメとは縁遠い俺は、ぶっちゃけ、食レポができない人間なので、食材うんぬんではなく、「みんなで食べたら美味しいだろう」という軸でお店を選んだりしています。今回は家族でピザを食べに行きました。

 

 

 

続きを読む

【ゲーム音楽紹介】ビッグブリッヂの死闘 FFRKver(5人目の仲間といえるアイツに会いたくなるゲームミュージック)

f:id:retrogameraiders:20180506195452g:plain

こんにちは、レトロゲームレイダース/ジョーンズです。

ファイナルファンタジーV』といえば、ギルガメッシュギルガメッシュといえば、名曲ビッグブリッヂの死闘。いろんなバージョンがあるこの曲ですが、個人的に気に入っているのが、スマホゲームアプリ『ファイナルファンタジー レコードキーパー』の限定イベントで使用されているバージョンです。

 

 

 

続きを読む

【イベントレポート】DMM.comのオンラインサロンの祭典、『SALON PROJECT AWARD 2018』に参加してきたよって話。

f:id:retrogameraiders:20190314154623j:plain

DMM.comが運営しているオンラインサロンサービス。その中で優れた活動を行なっているサロンが表彰される『サロンプロジェクトアワード2018』というイベントに、サロンメンバーの1人として参加してきました。その時のイベントの様子をお伝えしたいと思います。

 

 

 

続きを読む

加害者が被害者ぶるのがたまらなくやるせないって話。

f:id:retrogameraiders:20190217160445j:plain

「私って、こんなに可哀想なの!」と、自分の不幸を周囲に吹聴する人種がいます。しかし、よくよく聞いてみると、「お前が事の発端であり、加害者じゃん!」というオチなのですが、本人は自分が被害者だと信じて疑っていない。この手の人間には関わりたくないのですが、自分の母親だとそうもいきません。今回はそんな俺の母についての話です。

 

 

 

続きを読む

大人になるとは、『FF2』のゴードンに感情移入できるようになるってことの話。

f:id:retrogameraiders:20190312080636j:plain

ファイナルファンタジーII』はカッコイイFFなのだ。主人公はバスタードソードは持っていないし、ガンブレードも持っていない。しっぱも生えていなければ、ザナルカンドにも、ヴァナ・ディールにも行かない。ファルシのルシがパージもしなければ、戦闘後にBBQもしないのですが、カッコイイのです。

 

 

 

続きを読む

【わくわく転職後ライフ】40代の働き盛りに仕事をやめて3ヵ月休んでみた感想をさらしてみる話。

f:id:retrogameraiders:20190217160445j:plain

気が付けば、そろそろ再就職の日が迫っています。思い返せば、昨年の12月に仕事をやめて、なんだかんだと3ヵ月。こんなに長期で休んだ経験はなかなか貴重なのかもしれません。今回は、そんな大人の休息期間で気が付いたことなどをつらつらと書いてみました。

 

 

 

続きを読む

我が家の子育てシステムは、見えるカルマ制という話。

f:id:retrogameraiders:20181112002720j:plain

今回は我が家の子育てについての話。息子から「頑張った結果だけでなく、プロセスも評価してほしい」という打診を受け、「世の中は結果がすべてだ」と思いつつも、少年期にはプロセス評価も大事だと考え直し、かつ、どうせならゲーム感覚で分かりやすいシステムにしようと考えて、「見えるカルマ制」というのを作りました。

 

 

 

続きを読む

あの頃のゲームセンターと、狂気と退廃の空間と、荒ぶる不良の話。(後編)

f:id:retrogameraiders:20190217202230j:plain

~前回までのあらすじ~
時は、西暦1986年。あの頃のゲームセンターは、俺たちにとってアヘン窟のような上野の風俗ビルのような「ゼッタイに行っちゃいけない場所」だった。なぜならそこは、粗暴にして粗悪、暴力の権化である「不良」がよく現れる場所だったから。しかし、少年時代のジョーンズは潜入を試みる。なぜならゲーセンは、いろんなゲームが集まる禁断の楽園でもあったからだ。いや、脱衣麻雀があるからだ。「大佐、潜入した。待たせたな」。

 

 

 

続きを読む

あの頃のゲームセンターと、狂気と退廃の空間と、荒ぶる不良の話。(前編)

f:id:retrogameraiders:20190217202230j:plain

今でこそ、ゲームセンターはプリクラがあったりして、カップルのデートスポットになっていますが、その姿を見るたびに、私はなんとも言えない気持ちになります。というのも、今から30年前のゲームセンターは、ともすれば有り金をすべて取られて身ぐるみはがされるような危険性をはらんだ狂気と退廃の空間であり、同時に最新の電子遊戯の見本市であり、アングラな魅力あふれる場所でもありました。

 

 

 

続きを読む

90年代のゲーセンにタイムスリップ!埼玉県深谷市にある『ビデオゲームミュージアム ロボット 深谷店』は死ぬまでに一度は行くべき話

f:id:retrogameraiders:20190306074723j:plain

この記事は、ピ~ヒョロリロ~♪というUFOキャッチャーの待機BGMを浴びながら、財布の中の100円玉の枚数を気にしつつアーケードゲームに興じる90年代を送った経験のある方なら、ビビッとくるスポットの紹介になります。

 

 

 

続きを読む